1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. 良質大豆生産を目指す・大豆栽培講習会
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. 良質大豆生産を目指す・大豆栽培講習会

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、野菜や果物の収穫体験など年9回の開催を予定しています。

良質大豆生産を目指す・大豆栽培講習会

 良質大豆生産を目指すJA熊本市は7月2日、東部支店で大豆栽培講習会を開き、東部管内の大豆生産者、行政、JA関係者ら24人が参加しました。
 講習会では、普及員とJA営農指導員が、発芽を揃えるための排水対策や播種時期に応じた播種方法及び播種量の厳守、土づくりと適正な施肥の徹底を呼びかけました。講習会後には、鳥害対策のため種子消毒を実施。真っ赤に染まった種子は播種前まで乾燥し保管します。
 JA管内の秋津・供合・健軍地区を中心に20生産団体が栽培しています。2021年産は、供合地区で、豆腐などに加工される「フクユタカ」を約10ヘクタール作付け、総集荷量45トンを目指します。
 JA営農指導員は「梅雨後期で雨が多いですが、良質大豆生産のため栽培管理を徹底していきます」と話しました。