1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. 品質良好・出荷順調・JA熊本市キャベツ部会
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. 品質良好・出荷順調・JA熊本市キャベツ部会

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、野菜や果物の収穫体験など年9回の開催を予定しています。

品質良好・出荷順調・JA熊本市キャベツ部会

 JA熊本市のキャベツ部会で、11月18日より主要品種「彩々丸」の出荷が始まっています。12月半ばまでは日量300〜400ケース(1ケース10キロ)を週3回、熊本、広島、山口、福岡に出荷。最終出荷数量10万ケースを目指します。
 「彩々丸」は低温伸張性に優れたサワー系で、柔らかく、みずみずしく、皮から芯まで全て食べられるのが特徴です。JAキャベツ部会57戸の内、28戸が約7ヘクタールで栽培しています。
 2020年産は台風の被害もなく、好天に恵まれ、昨年より生育は良好です。大きさ、巻き、品質共に良く、収量も例年並みとなっています。熊本市西区城山にある下村光孝さん(41)の圃場(ほじょう)10アールには、収穫真っ最中のみずみずしいキャベツが並んでいました。
 下村さんは「防除や品質管理を徹底しているので、安全・安心なキャベツが今年もできています。高品質なキャベツを消費者へ届けたいです」と話しました。