1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. うるち米荷受け開始・JA熊本市飽田カントリーエレベーター
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. うるち米荷受け開始・JA熊本市飽田カントリーエレベーター

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、野菜や果物の収穫体験など年9回の開催を予定しています。

うるち米荷受け開始・JA熊本市飽田カントリーエレベーター

 日本の食糧を支える米の収穫時期が近づいてきました。米の生産・流通・販売の拠点施設であるJA熊本市飽田カントリーエレベーター(CE)では、10月6日よりうるち米の荷受けをスタートしました。品種は「ヒノヒカリ」と「くまさんの力」。次いで「ヒヨクモチ」を10月下旬まで荷受けを行い、総収量960トンを目指します。
 JA飽田CEでは、約325ヘクタールの圃場(ほじょう)を、オペレーター、役員約10人で管理しています。持ち込まれたうるち米は通風・乾燥・調製を経て11月上旬にかけて検査し、出荷する予定です。
 2020年産は大雨や台風の被害は少なく、防除を徹底していたこともあり、病害虫も少なかったです。JA飽田CE利用組合の河野大介組合長は「今年も収量、品質共に上々の出来となっています。指導員と連携をとり、栽培管理の徹底や対策に取り組んでいきたいです」と話しました。