1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. 小玉スイカ出荷開始・JA熊本市北部園芸部会
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. 小玉スイカ出荷開始・JA熊本市北部園芸部会

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、野菜や果物の収穫体験など年9回の開催を予定しています。

小玉スイカ出荷開始・JA熊本市北部園芸部会

JA熊本市北部園芸部会で、小玉スイカの出荷が始まりました。北部選果場では、15日現在、週4回のペースで日量1500〜2000玉を出荷しています。5月10日から出荷が始まり、6月中旬まで続きます。

同市北区の前田賢介さん(52)のハウスでは順調に生育した小玉スイカが実っていました。小玉スイカは皮が薄いので可食部が多く、際ギリギリまで、美味しく食べられます。部会が栽培する黒川スイカは、普通のスイカより皮の色が黒いのが特徴です。小玉スイカならではの皮の薄さ、更に大玉スイカのようなシャリシャリ感もあり、高糖度の小玉スイカです。2020年産は温暖で晴天が続いたため、形、大きさ共に申し分ない出来となっています。前田さんは「今後更に気温が上がるため、ハウス内の温度管理を徹底し、高品質なスイカを安定出荷していきたいです」と話しました。
 部会は、農家25戸が無加温ハウスで、「ひとりじめBONBON」を栽培。着果標識を立てる日を決め、指定の色、大きさで収穫しています。温度管理を徹底し、着果に合わせた安定供給を続けていきます。