1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. 栽培管理徹底により出荷順調・JA熊本市白浜苺部会
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. 栽培管理徹底により出荷順調・JA熊本市白浜苺部会

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、野菜や果物の収穫体験など年9回の開催を予定しています。

栽培管理徹底により出荷順調・JA熊本市白浜苺部会

JA熊本市白浜苺部会は、2019年産イチゴの出荷が順調です。11月9日から出荷を始め、同月下旬から連日出荷となり、12月中旬に一番果のピークを迎えます。12月3日現在、主力品目である「ゆうべに」2000パック(1パック250グラム)、「さがほのか」300パック、19年産から品種転換を行い、大幅に作付けを増やした「恋みのり」1500パックを、西区河内町の白浜集荷場から関西、関東中心に出荷しています。5月末まで続き、総出荷数量120万パック、販売高4億5000万円を目指します。

19年産は、適期の育苗スケジュール及び肥培管理マニュアル厳守による苗育成などの栽培管理の徹底により、花の大きさ、果数共に充実し、大玉傾向で高品質に仕上がっています。
同部会は部会員17人が約6.2ヘクタールで生産。全部会員がハダニに対する天敵を導入し、減農薬栽培により安全安心なイチゴ作りを行い、また作付け前の土壌改良の生産環境改善に取り組んでいます。
中川秀信部会長のハウスでも赤く熟したイチゴが実っていました。部会長は「部会員全員での栽培管理徹底により、19年産も高品質なイチゴが仕上がっています。12月から年末の最需要期に向けてイチゴが提供できるよう、出荷していきたいです」と意気込みました。