1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. 目標生産量300トンを目指して・JA熊本市白浜苺部会出荷協議会
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. 目標生産量300トンを目指して・JA熊本市白浜苺部会出荷協議会

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、野菜や果物の収穫体験など年9回の開催を予定しています。

目標生産量300トンを目指して・JA熊本市白浜苺部会出荷協議会

JA熊本市白浜苺部会は12日、白浜公民館で令和元年産白浜苺部会出荷協議会を開きました。品種別作付面積は、「ゆうべに」330アール(前年比97%)、「恋みのり」214アール(前年比135%)、「さがほのか」64アール(前年比58%)、「紅ほっぺ」11アール(前年比100%)を計画します。11月9日から出荷しており、5月末まで続き、目標生産量300トン、販売金額4億5千万円を目指します。

 

19年産は、台風の被害は無く、現在平均的な圃場で頂果の緑熟期となっています。開花始めの時期については昨年並みで、定植後の活着も非常に良く充実した株となっています。病害虫については苗からの持ち込みがほとんど無く、現在も目立った発生はありません。また、昨年の課題でもあった秋の草高管理についても順調に進んでいます。

部会は摘果・摘房を実施し品質向上に努めます。近年、農薬に対して抵抗性が発達している葉ダニ対策として全戸、天敵を導入し樹勢の維持による収量の確保と減農薬栽培を行っていきます。

大会には、生産者と取引市場5社、行政、JA関係者ら52人が集結。指定市場5社代表挨拶をした東京青果株式会社の河崎勇喜部長は「減農薬や天敵導入で高品質な苺を生産する準備ができているとのことで、とても期待しています。JAや関係機関と一体となって検討会などを開催し、協力して取り組んでいきたいです」と話しました。