1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. ミニトマト出荷開始・JA熊本市ミニトマト部会
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. ミニトマト出荷開始・JA熊本市ミニトマト部会

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、野菜や果物の収穫体験など年9回の開催を予定しています。

ミニトマト出荷開始・JA熊本市ミニトマト部会

熊本市南区会富町のJA野菜広域選果施設では、ミニトマトの出荷が順調に行われています。9月13日からミニトマトの出荷を開始しています。日量500㌜(1㌜3キロ)を週3日で出荷。関東、近畿を中心に翌年7月中旬まで出荷し、2019年産出荷量は800トン(前年実績比109%)を目標とします。

 

同市南区天明地区でミニトマトを栽培しているミニトマト部会の永井豊部会長のハウスでもまっ赤で彩り鮮やかなミニトマトが鈴なりに実っていました。

同部会は部会員8人が6.3ヘクタールで栽培します。昨年、水耕栽培農家5戸が組織する天明ミニトマト生産管理組合がくまもと県版農業生産工程管理(=県版GAP)の認証を取得しました。19年度も継続して取り組み、全部会員取得を目標とします。

永井部会長は「19年産は8月の長雨と9月の高温などの天候不順の関係で栽培は厳しいものとなりましたが、その後の回復により、例年通りの出来になりました。色も大きさも申し分ないミニトマトを多くの人に食べていただきたいです」と話しました。