1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. 加工用ほうれん草の作付け試験開始・管内50ヘクタールの出荷を目指す
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. 加工用ほうれん草の作付け試験開始・管内50ヘクタールの出荷を目指す

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、野菜や果物の収穫体験など年9回の開催を予定しています。

加工用ほうれん草の作付け試験開始・管内50ヘクタールの出荷を目指す

 JA熊本市は9月17日、加工用ほうれん草の産地化に向けた取り組みとして、熊本市東区吉原町の圃場で機械による播種作業を行いました。熊本大同青果(株)、熊本クボタ、行政、各メーカーの担当者、JA関係者が参加。トラクターに耕起と播種が同時にできる専用の播種機を連結し、供合営農組合の水谷家津雄組合長の畑に品種「アグレッシブ」と「福兵衛」の種を蒔きました。

 

 通常ほうれん草の播種は手作業となり、大変な労力と時間が必要となりますが、当日は約15アールの圃場で播種作業が約1時間で終了し、その後乗用管理機で除草作業も行いました。

 同JAの野田一秋営農指導課長は「水稲の裏作として農家所得の向上を図るのはもちろん、更に機械化による省力化や作業効率の向上並びに遊休農地の解消、農家の高齢化対策へ繋がる可能性があります。各関係機関と連携し加工用ほうれん草の産地化を目指します。管内で50ヘクタールの作付けを目標としたい」と話しました。

これから10、11月にかけて他の4地域にて品種「クロノス」の作付け試験が行われる予定です。播種から収穫まではクボタアグリサービスが機械作業を担います。それぞれ約60日から120日後に迎える収穫の際は専用の収穫機で行い、鉄コンテナを使用しトラックに積み込んで熊本大同青果(株)へ加工用として出荷します。