1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. 少年球児ら暑さに負けず全力でプレー・JA熊本市「夢未来杯」
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. 少年球児ら暑さに負けず全力でプレー・JA熊本市「夢未来杯」

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、野菜や果物の収穫体験など年9回の開催を予定しています。

少年球児ら暑さに負けず全力でプレー・JA熊本市「夢未来杯」

JA熊本市は8月10、11日の2日間、JA熊本市「夢未来杯」学童軟式野球4年生大会を開催しました。第6回目となる本大会には、管内各地区より26チーム344人の4年生以下学童球児が参加。天明運動施設グラウンド(同市南区奥古閑町)と雁回公園グラウンド(同市南区富合町)と飽田公園運動施設グラウンド(同市南区浜口町)が会場となり、各チームがA、Bパートに分かれ、各パートの優勝を目指して熱戦を繰り広げました。

 10日の開会式では、主催者代表の西田勉専務が「熱中症に注意して、日頃の練習の成果を存分に発揮してほしいです」と呼び掛けました。選手を代表し、御幸野球クラブの紫垣楓選手(小学4年生)が選手宣誓を行い、フェアプレーを誓いました。

 大会は、Aパートから花園野球クラブ、Bパートから熊本ブルーマーリンズが熱戦を制し栄冠を勝ち取りました。優勝チームには優勝楯と表彰状、選手全員に金メダルが手渡され、2チームは10月に開催される県大会へ熊本市代表として出場します。

 「夢未来杯」は試合経験の少ない4年生以下の学童球児らに出場機会を作り、野球を通じて夢と希望にあふれる子供たちの健全育成を目指すとともに、将来を担う子供たちに農業への理解を深めてもらうことを目的として開催しています。大会パンフレットでは、1年間の米づくりを掲載。JA熊本市のインショップ・直販コーナーも掲載し、採れたての新鮮な野菜を紹介することで、農業への関心を高めてもらっています。