1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. 「夏秋(かしゅう)ピーマン」試験導入・JA熊本市東部ピーマン部会
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. 「夏秋(かしゅう)ピーマン」試験導入・JA熊本市東部ピーマン部会

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、野菜や果物の収穫体験など年9回の開催を予定しています。

「夏秋(かしゅう)ピーマン」試験導入・JA熊本市東部ピーマン部会

熊本市東部地区では、7月26日から「夏秋(かしゅう)ピーマン」の出荷が始まっています。福田幸明さん(69)のハウスでも色つややかなピーマンが大量に育っていました。品種はニューエース、サララ、グッピーの3品種で、県内や広島、米子青果に12月まで出荷を計画しています。

JA熊本市東部支店の集荷場では26日現在、日量200キロを連日出荷しています。最終的な出荷数量合計8トン、販売金額240万円を目指します。

2019年度産から夏秋ピーマン10アールを試験的に導入。3品種の中でどれが高温に強く、夏作に合うか試験栽培しています。

通常、ピーマンは暑い日が続くとS・Mサイズのものが出来ますが、夏秋ピーマンはL・2Lサイズが多く出来上がっています。高温に強く、色も形も綺麗なのが特徴です。

19年度は、生産者4戸が10アールで栽培します。

営農指導員は「晴れが続き、暑い日が続く中で、ピーマンがどれだけ耐えることが出来るのか。良い結果が出れば20年産は、栽培面積を1ヘクタールに増やして本格的に導入する予定です」と話しました。