1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. 大豆の高品質生産を目指す
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. 大豆の高品質生産を目指す

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、野菜や果物の収穫体験など年9回の開催を予定しています。

大豆の高品質生産を目指す

大豆の高品質生産を目指し、JA熊本市は7月1日、大豆栽培講習会を同市のJA健軍支店と東部支店で開きました。生産者や県、JA関係者らが健軍支店20人、東部支店20人、計40人が参加しました。

雨対策への圃場管理や、病害虫対策などを普及員とJAの営農指導員が説明し、適期・適量の播種、根粒菌を活性化する土作りの徹底などを呼び掛けました。

JA管内の大豆生産団体は20生産団体で、同市の秋津・供合・健軍地区を中心に生産が盛んです。2019年産作付け計画では、安定した収量が見込め、豆腐などに加工される「フクユタカ」が約152ヘクタールで全体の8割近くを占め、納豆への加工に適した小粒大豆「すずおとめ」が約35ヘクタールになります。「フクユタカ」の播種適期は7月10日から15日頃だが、天候不順の為、安定した発芽をさせることを目標に7月上旬から中旬に播種する予定です。19年産集荷目標282トンを目指します。

JAでは食品メーカー丸美屋と連携して「すずおとめ」の全量を学校給食に供給していますが、生産増大と並行し一般消費者への販路も模索していく方針です。

東部支店では講習会の後に種子消毒を行い、鳥害対策に備えました。真っ赤に染まった種子は播種前まで乾かします。