1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. 酪農を楽しく学ぶ・「父の日」に園児に牛乳プレゼント
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. 酪農を楽しく学ぶ・「父の日」に園児に牛乳プレゼント

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、野菜や果物の収穫体験など年9回の開催を予定しています。

酪農を楽しく学ぶ・「父の日」に園児に牛乳プレゼント

JA熊本市酪農青壮年研究会の4人が12日、16日の「父の日」を前に市内二岡保育園とひむき保育園を訪れ、園児らに牛乳パック(1パック・100ミリリットル)約320本を贈りました。お父さんに感謝の気持ちを伝えられるように、「いつもありがとう」というメッセージ入りの似顔絵が描けるカードも添えました。

 

「牛乳」が「ちち」と呼ばれることから、牛乳の消費拡大のため、牛乳を父の日の定番ギフトとして定着させることを目的とし、子どもたちに栄養豊富な牛乳を飲んで、健やかに育ってほしいという思いも込めて14年前から取り組んでいます。

牛乳を持った生産者らの姿を見た園児らは、歓声を上げ喜んだ表情を見せました。同部会の真鍋義貴部会長が牛乳はどのようにして作られているのかを知ってもらうために、生産者の活動をまとめた紙芝居を披露しました。「牛乳は栄養豊富で、健康な体を作る飲み物。これからも牛乳を毎日たくさん飲んでほしい。」と呼び掛けました。