1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、野菜や果物の収穫体験など年9回の開催を予定しています。

トピックス

県内唯一の「エースピーマン」出荷順調・JA熊本市東部ピーマン部会

 JA熊本市東部ピーマン部会は11月11日から始まった「エースピーマン」の出荷が順調です。JA東部支店の集荷場には連日、生産者が「エースピーマン」を持ち込んでいます。12月23日現在、日量約300〜500コンテナ(1コンテナ30キロ)を出荷しており、翌年7月上旬まで続き、販売実績1億円、出荷総数26万キロを目指します。
 同市東区鹿帰瀬町の城政勝部会長のハウスでは、10月16日に定植したエースピーマンが順調に生育していました。城部会長は「20年産は日中の温度が高かったため、湿度や水管理が難しかったが、管理を徹底した結果、高品質で色、形申し分ないピーマンができている」と自信をのぞかせました。
 県内唯一のエースピーマン生産地である同部会では、13人の生産者が3.1ヘクタールで栽培。全部会員が農薬低減のための天敵導入栽培を実施し、低コスト・減農薬栽培を徹底。生産者自ら小学生にピーマンについて授業を行ったり、食農教育活動にも力を入れています。肉厚で苦みがないエースピーマンを使ったレシピを新たに考案するなど、エースピーマンの消費拡大に向けた取り組みを行っています。


農産物販売会中止のお知らせ


組合員・利用者の皆さまへ

令和2年12月23日
熊本市農業協同組合

 

農産物販売会中止のお知らせ


 標記の件につきまして、JA熊本市本店で12月26日(土)に開催予定の農産物販売会は新型コロナウイルスの感染拡大状況を鑑み、中止することに致しました。
 当日ご来場予定のお客様には大変申し訳ありませんが、何卒ご理解とご了承の程、よろしくお願い申し上げます。

 

夢未来みかん料理コンテスト作品募集!

 みかんのおいしさ新発見!!
JA熊本市夢未来みかん料理コンテスト開催

 

 JA熊本市柑橘部会では、みかんを使った料理を募集します。

甘くておいしい夢未来のみかん。そのままでもおいしいのですが、そのみかんを使って料理やお菓子を作ってみませんか!!あっと驚くあなたのアイデアを募集します。
 

 ☆☆☆みかんを使った料理で新しいみかんのおいしさを発見しましょう☆☆☆
 

【応募条件】
*夢未来柑橘選果場で扱うみかんを使用(温州みかん、中晩柑(デコポン・河内晩柑など))

【応募方法】
*応募用紙(下記のPDFファイル)に必要事項を記入の上提出。(郵送またはFAX、メールでも可)
 メールは、こちらの『 お問い合わせ 』より提出をお願いします。
※応募用紙が無い場合(印刷ができない、応募用紙が用意できない等)は手書きやお手持ちの用紙で代用可。
*料理部門・菓子部門、両方の応募も可能です。

【審査方法】
*審査のポイント ○みかんの良さが出ているか。   ○簡単に出来るか。
 今回はコロナウイルスの影響により書類審査のみとなっております。
 提出頂いた書類(応募用紙)にてJA熊本市柑橘部会役員が審査を行い、各部門10点を選び入賞とします。入賞の中より専門の審査員により夢未来賞1点、特別賞2点を選出致します。

【審査員】料理部門:料理研究家 西村直子先生  菓子部門:フランス菓子トワ・グリュ 三鶴真一シェフ

◆申込期限  令和3年1月20日(水)
◆申込場所  JA熊本市河内支店
(お問合せ先)熊本市西区河内町船津2069-7
 TEL096-276-1117 FAX096-276-0591


【結果発表】
令和3年2月15日(月)
JA熊本市夢未来みかんホームページ・JA熊本市ホームページに掲載


【賞 品】
料理部門、菓子部門それぞれに夢未来賞1名、特別賞2名、入賞7名
夢未来賞(5,000円のJA商品券とみかんや加工品の詰め合わせ5,000円相当)
特別賞 (3,000円のJA商品券とみかんや加工品の詰め合わせ3,000円相当)
入 賞  夢未来みかん 5kg 1ケース

*賞品は受賞者へ結果発表後発送致します。
*受賞者のレシピにつきましては夢未来みかん、JA熊本市のホームページに掲載し紹介します。
また、ご応募いただいたレシピはJA熊本市柑橘部会活動に使用させていただく事もありますのでご了承下さい。

主催:JA熊本市柑橘部会  協賛:熊本市農畜産物生産出荷組合

↓応募用紙はこちらです。


添付ファイル

春の七草「水前寺セリ」出荷順調・JA熊本市園芸部会水前寺セリ生産部会

 熊本市東区画図地区で、春の七草の筆頭に挙げられる「水前寺セリ」の収穫・出荷が順調に進んでいます。
 品種は「京セリ」。ひご野菜にも挙げられる「水前寺セリ」の銘柄で名古屋や大阪などに出荷しています。JA熊本市園芸部会水前寺セリ生産部会は12月9日現在、日量約40ケース(1ケース/1.6キロ)を連日出荷しており、今後正月需要期の25日から1月7日にかけて需要が集中し、日量60ケースまで増加する見込みです。
 同地区で18アールを栽培する山田貴宏さん(54)は、早朝より水を張った田んぼに足を入れ、根に付いた土を落としながら長さ40〜45センチ前後のセリを丁寧に引き上げていました。収穫後は作業場に持ち込み、手作業で選別をして、新芽と枝2本を1束にして出荷します。山田さんは「今年は高温が続いたため、生育が早かったですが、今のところ順調に進んでいます。去年より収量も採れていて、高品質でおいしいセリができています。今からの需要期に安定出荷していきたいです」と話しました。


カラー出荷順調・最盛期に向けて準備・JA熊本市御幸カラー部会

 熊本市の御幸地区では、豊富な地下水で育ったカラーが11月11日より出荷がはじまりました。12月9日現在、日量1000本前後を週2回、主に関東方面に向けて出荷しています。出荷は5月上旬まで続き、計10万本の出荷を計画しています。
 部会員らは、運び込んだカラーを長さ、大きさに分けて1束ずつ丁寧に選別し、苞が白い「ウェディングマーチ」と熊本県の育成品種「ホワイトトーチ」、苞が緑色の「グリーンカラー」、「レモングリーン」の4種を出荷します。
 2020年産について、園田重信部会長は「高温により、全体的に本数が少なく、生育が遅れていますが、花の色や形は平年並みで高品質なものができています」と話しました。
 同部会は3人の生産者が60アールで栽培しており、収穫から花の選別、箱詰めまで全て生産者が手作業で行っています。今後は3月から出荷最盛期に入り、最大で日量4000本の出荷日量となる見込みです。