1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、野菜や果物の収穫体験など年9回の開催を予定しています。

トピックス

ドローンで水稲の除草剤散布

 JA熊本市は、乙畠営農組合が栽培する飼料用稲の除草剤散布をドローン(小型無人飛行機)でする試験を行いました。

 7月2日に乙畠地区の水稲湛水(6ヘクタール)で、ドローンによる除草剤散布試験を実施しました。同JA、JA熊本経済連、メーカーが参加。昨年まではトラクターを使い、1台で2.3ヘクタール散布するのに約60分かかっていましたが、ドローンでは2.3ヘクタール約15分で散布と、操縦者1人と補助者1人の計2人で作業できる為、時間短縮と労働力削減が期待できます。除草剤も、300グラムで10アールを散布することができる「ドラゴンホークZ300FG」を使用。ドローンの重量制限として、10キロ(1ヘクタール・1キロ)までしか薬剤を入れることが出来ません。しかし、ジャンボ剤で使用される拡散性の高い中身だけを散布することで散布幅が広く、散布量も少なくて済み、今までよりも更に広範囲に散布が可能となりました。

 乙畠営農組合の岡村泰典組合長は「昨年、雑草との戦いで試行錯誤しながら対策をしてきました。今年も色んな除草剤散布試験をして取り組んでいきたいです」と話しました。


大豆栽培講習会・品質・収量向上試験に取り組む

 大豆の高品質生産を目指し、JA熊本市は1日大豆栽培講習会を東部支店で開きました。生産者や県、JA関係者ら計18人が参加。2020年度は関係団体で新たな農薬や対策を追加した「大豆のこよみ」を作り直しました。

 JA管内の大豆生産団体は20団体で、同市の秋津・供合・健軍地区を中心に生産が盛んです。20年産作付け計画では、豆腐などに加工される「フクユタカ」が約114ヘクタールで全体の8割近くを占めています。播種適期は7月10日から15日頃だが、天候不順のため、安定した発芽をさせることを目標に7月上旬から中旬に播種する予定です。納豆への加工に適した小粒大豆「すずおとめ」が約28ヘクタールで作付け。総集荷目標265トンを目指します。

 講習会では、雨対策への圃場管理や、病害虫対策などを普及員とJA営農指導員が説明。適期・適量の播種、根粒菌を活性化する土作りの徹底などを呼び掛けました。講習会の後には種子消毒を行い、鳥害対策に備えました。真っ赤に染まった種子は播種前まで乾かします。

 JAでは食品メーカー丸美屋と連携して「すずおとめ」の全量を学校給食に供給していますが、生産増大と並行し一般消費者への販路も模索していく方針です。JAの営農指導員は「高品質生産を目指して、品質・収量向上試験に取り組んでいきます」と話しました。


麦の検査開始・「ミナミノカオリ」全量1等

 JA熊本市で1日、2020年産麦の初検査が同JA秋津カントリーエレベーターで始まりました。初日は湖東、東部支店管内の生産者が育てた普通小麦150フレコン(1フレコン=600キロ)の作柄を、JA農産物検査員ら5人が分析。粒の形質・色などを見極めた結果、全量が1等と上々の品質となりました。

 JA管内の秋津地区・東部管内では125ヘクタールを栽培しています。品種は中華麺・パン用小麦の「ミナミノカオリ」。20年産麦は4月の高温・乾燥で枯れ熟れの症状が一部見られたが、その後の好天の影響で例年以上の収量がとれました。

 東部地区ではタンパク質向上のため今年も去年のデータを基に試験的に麦の追肥をしました。1月、追肥を通常20キロから30キロに増やしました。4月開花期に1週間毎に2回尿素を4%追加。その結果、収量が向上しました。

 同JA営農指導員は「暖冬の影響で生育が進みました。成熟期の気温が高くおおむね好天だったため収量・品質共に良好です」と自信を見せました。麦の検査は8月上旬まで予定しています。


ハウスみかん出荷開始・JA熊本市柑橘部会ハウスみかん部

熊本市西区河内町のJA熊本市夢未来柑橘選果場で、夢未来ブランドであるハウスみかんの出荷が始まりました。出荷初日の29日は、主に地元百貨店、市場等に約3トン出荷。翌週から日量2〜3トンを出荷します。7月中旬にかけて出荷最盛期を迎え、8月中旬まで続きます。出荷量120トン(前年比100%)・販売高1億円(前年比111%)を見込んでいます。

JA柑橘部会ハウスみかん部員は生産者5戸が約2ヘクタールで「興津」「宮川」などを栽培しています。

2020年産も部員一丸で生産対策に取り組んだことにより、甘味と酸味のバランスがとれたみかんに仕上がっています。

部会では全農式点滴灌水キットを導入し、ハウスみかんの樹1本1本の水管理に取り組んでいます。早期より内容・階級目標を設定したことで贈答用に最適とされるS・M玉中心に玉太りも良好となりました。

ハウスみかんは、濃厚な甘みで、果肉が柔らかく、口に入れた瞬間のとろけるような食感が特徴。ビタミンCが豊富で、夏風邪予防に効果的と言われています。また、夏のお中元など贈答用としての需要が高まっています。 

 担当職員は「今年も高品質なみかんが出来上がっています。たくさんの消費者に食べてもらい、夢未来みかんの消費拡大に繋げたいです」と話しました。


小学生に田植え指導・JA熊本市青壮年部竜田支部

 JA熊本市青壮年部竜田支部は6月24日、小学生に田植えを指導しました。熊本市立竜田小学校の5年生100人が、種から育てた「ヒノヒカリ」の苗を約2.5アールに手植えしました。青壮年部が毎年行っている食農教育の一環です。後藤新介支部長や部員8人は丁寧に田植えの仕方を説明。児童と作業を行いました。

 圃場を管理する松岡公子さん(66)は「今の時代、田植えはほとんど機械で作業をします。一切田植えに触れることない子も多いでしょう。しかし、実際に触って、体験することで農や食に対する理解が更に深まると思います。この体験を通して農業に興味を持ってくれたら嬉しいです」と話しました。

 児童らは、水田のぬかるみに戸惑い泥だらけになりながらも、積極的に田植えをしました。「田植えは初めてだったが、水の中を歩くのに苦労しました。お米を作るのがこんなに大変だと思わなかったです」と感想を話しました。