1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. エースピーマン最盛期に向けて出荷順調
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. エースピーマン最盛期に向けて出荷順調

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

エースピーマン最盛期に向けて出荷順調

 熊本市東部地区で5月1日、エースピーマンの出荷が順調に行われています。JA熊本市東部ピーマン部会は、現在日量800ケース(4キロ/1ケース)を出荷しています。エースピーマンの産地化は全国でも珍しく、エースピーマンは、肉厚で身が柔らかく、苦味が少なくて食べやすいのが特徴です。5月中旬からの最盛期を目前に出荷量は順調に増えており、生産者は収穫・管理作業に追われています。

 生産者の桝田大介さんは「冬場の初期生育に努めたので順調に収穫できている。出荷の最盛期に向け日差しも強くなるので、温度や栄養管理に気を配り作業を進めたい」と話します。

 部会は生産農家12人が約3・1ヘクタール(前年同)で栽培。栽培は4本仕立で統一し、一定した高品質の生産を目指します。農薬低減のため、スワルスキカブリダニを天敵として導入し、安全・安心なピーマン栽培に努めています。

 平成26年産は232トン(同1%増)の出荷を予定。販売額は9千万円を目指します。