1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

トピックス

キャベツ「彩々丸」 甘く柔らかで高品質

収獲が進む冬の主役「彩々丸」
収獲が進む冬の主役「彩々丸」

 JA熊本市キャベツ部会で、冬季の主要品種「彩々丸」の出荷が始まっています。12月26日現在、日量60ケース(1ケース/8個)を週4回出荷しています。今年産は、秋の長雨による定植の遅れや定植後の低温で例年より3週間から4週間ほど遅い出荷となっていますが、葉の巻きがしっかりとした、甘く柔らかい高品質な仕上がりです。

 熊本市西区城山にある下村光博さん(68)と息子の光孝さん(38)の畑10アールには、9月末に定植し、収穫目前となったみずみずしいキャベツが所狭しと誇っています。下村さんは「防除や肥料配分など栽培管理を徹底し、量質なキャベツができている」と自信をのぞかせます。

 「彩々丸」は低温伸張性に優れたサワー系のキャベツで、春キャベツのように柔らかくみずみずしいのが特徴。同部会では28戸の農家が約7ヘクタールで栽培します。吉岡浩治部会長は「今後来年1月にかけて出荷量が増加し、3月まで2万ケースの出荷を見込んでいる。消費地の需要に応えられるように、日頃の栽培管理を徹底し安定出荷に努める」と話します。


スイカ定植開始 温度管理・天敵活用を徹底

 JA熊本市北部支店管内で12月18日より、2018年産大玉スイカの定植作業が始まりました。約45日間の育苗期間を経て、管内のビニールハウスでは、生産者が定植作業に追われています。

 同市北区の生産者、小佐井智昭さん(42)は、2ヘクタールのハウスでスイカを栽培しています。12月25日は、1100本の苗を1本1本丁寧に定植しました。今後は、蔓引き、芽摘み、交配作業を経て、4月初旬に収穫期を迎えます。小佐井さんは「曇天、低温が続き少し生育遅れではあるが、例年並みの定植となった。4月上旬に安定した出荷ができるように、温度管理を徹底し大玉生産に努めたい」と話しました。

 18年産は、生産者170人が栽培面積108ヘクタール(前年比1%増)での生産を見込んでいます。出荷は早くて、3月下旬から始まり、4月の下旬〜5月の連休にかけて最盛期を迎え、6月下旬まで総出荷量60万玉を見込みます。営農指導員の上原拓也さん(35)は「これから暖かくなってくると害虫の発生が多くなるので、天敵を活用しながら農薬削減に努めたい」と話します。

丁寧に定植を進めています
丁寧に定植を進めています


トルコギキョウ 年末年始・クリスマスに需要期待

見事に咲き誇ったトルコギキョウ
見事に咲き誇ったトルコギキョウ

 クリスマスや正月の需要期を前に、JA熊本市管内では、切り花として人気が高いトルコギキョウの出荷が順調です。

 2017年産は、定植期の曇天や生育期の低温で、県下全体で出荷量が減少している中、JAトルコギキョウ部会では安定した数量を計画的に出荷しています。12月21日現在、週3回、日量100ケースから150ケース(1ケース30本)を出荷しています。需要に合わせ出荷することで有利販売に努め、10月中旬から来年6月いっぱいで75万本の出荷を計画しています。

 東区上南部町にある大津誠部会長のハウスでは、連日出荷作業に追われています。淡いピンク色や純白など、約3万本のトルコギキョウが見頃を迎えています。大津部会長は、地域性や季節感、消費者ニーズに応えるように選び抜いた約40種類を栽培し、各品種に合った栽培管理を徹底しています。「消費地が必要とする時期に良質なものをしっかり出荷できるように、気温・湿度管理はもちろん、太陽光の強さも考慮した栽培管理を徹底している。花が持つ力を最大限に生かすため、栽培技術の向上に努めている」と話します。

 部会は通称「創花道(そうかどう)」。個選個販の系統出荷で、農家4戸(栽培面積2・5ヘクタール)が出荷。時期による出荷のむらがなく、安定した出荷が売りです。大津部会長は「今後も消費者に感動を与える花をつくり供給していきたい。冠婚葬祭様々な場面でトルコギキョウを活用してほしい」と需要増加に期待を寄せます。



「子ども食堂」へ手作り野菜で支援/JA熊本市女性部

藤富保育園での「子ども食堂」に野菜をお届け
藤富保育園での「子ども食堂」に野菜をお届け
川尻の「こどもキッチングルービー」にも!
川尻の「こどもキッチングルービー」にも!

 JA熊本市女性部は、今年から新たに、様々な事情を抱える子どもたちへ熊本市産の新鮮な美味しい野菜を食べてもらうため、熊本市の福祉支援事業「子ども食堂」に参加する団体へ野菜を無償で提供する取り組みを始めました。

 12月19日は、9月30日に播種した大根やジャガイモ、旬を迎えた白菜やキャベツや新米などを市内2つの活動団体に贈呈しました。贈った野菜は、熊本市南区川口町の0.12ヘクタールの圃場で女性部員や営農指導員が栽培・収穫した安全・安心なもの。田島イツ子女性部長は「今回初めての試みだったが、無事に野菜を届けることができて良かった。今後は女性部員が協力し合いながら、継続的に活動していく」と話します。

 「子ども食堂」は、2016年から始まった、貧困など様々な事情で食事を十分取れなかったり、1人で食事をしたりする子どもや高齢者などを支援する熊本市の福祉支援事業です。現在14団体が活動しています。12月19日に訪問した一般社団法人こどもキッチングルービーの松枝清美代表理事は「資金面で野菜の手配が難しいと感じていた。JAの新鮮な野菜提供は本当にありがたいこと。本当に困っている人が利用しやすい環境づくりを目指したい」と話しました。

 今後は、活動団体とJA女性部の連携を深め、野菜提供やボランティアスタッフの拡充を模索していきます。


スティックセニョール 年末から1月にかけ出荷本番

 JA熊本市管内で、スティックセニョールの出荷が始まっています。今の時期は霜がとれてから収穫し、品質を保ったまま市場に届くように徹底しています。3月まで約61トンを計画します。

 JA熊本市スティックセニョール部会では、生産者51戸が6.1ヘクタールで栽培し、12月19日現在、L階級中心に週6回、日量50〜60ケース(1ケース3キロ)を出荷しています。営農指導員の竹盛祥太さん(27)は「今年産は、曇天・低温が続いており、出荷の遅れが出ている。多少天候の影響を受けつつも、今後は年末から1月にかけて日量300ケースから400ケースへの出荷数量増加を見込んでいる」と話します。  

 熊本市南区の吉岡優作さん(37)の畑では12月19日、9月から10月に定植した苗が収穫の時期を迎えていました。吉岡さんは、減農薬と土づくりに力を入れており、もみ殻などで作った自家製の堆肥を使って栄養豊富な畑で、高品質栽培を徹底しています。吉岡さんは「これから気温がさらに下がり、スティックセニョールの甘さが増してますます美味しくなる季節になる。高品質なスティックセニョールを消費者に味わってほしい」と話します。

 スティックセニョールは見た目はブロッコリーだが、茎の部分がアスパラのように長く、シャキシャキとした食感で甘みがあり、1つで花らい・茎の両方を楽しめるのが魅力です。部会では、今年からレシピが掲載したパンフレットを新調し、スティックセニョールの消費拡大に努めています。

高品質なスティックセニョールを栽培する吉岡優作さん(右)と妻の奉子(よしこ)さん
高品質なスティックセニョールを栽培する吉岡優作さん(右)と妻の奉子(よしこ)さん