1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

トピックス

震災乗り越え 健軍支店が起工

地鎮の儀で鍬入れする宮本組合長
地鎮の儀で鍬入れする宮本組合長

 JA熊本市は22日、熊本市東区健軍地区の建設予定地でJA熊本市健軍支店新築工事の起工式を行いました。式にはJA役員や同支店管内の組合員、工事関係者など約60人が出席。参加者等は工事の安全と無事完成を祈願しました。

 熊本地震で被災し甚大な被害を受けた健軍支店は、現在、湖東支店内に仮事務所を設け営業しています。宮本隆幸組合長が「これまで以上に組合員・地域住民から親しまれる事務所になるように。なお一層の農協事業の発展にご尽力を。」と、上田徳行担当理事が「組合員の皆様の協力のもと、安心して利用できる施設が完成することを期待したい」とあいさつし、健軍支店の新築を祈念しました。

 施設は鉄骨造平屋建ての延面積は387.08平方メートル(約117坪)。平成29年10月下旬に竣工予定です。



青壮年部員が田植え指導 

 JA熊本市青壮年部竜田支部は21日、小学生に田植え指導を行いました。熊本市立龍田小学校の5年生121人と龍田西小学校の5年生91人が、青壮年部員の指導のもと、種から育てた「くまさんの力」約8アールを手植え。青壮年部が毎年、食農教育の一環として行っています。後藤新介部長をはじめとする部員8人は、丁寧に田植えの仕方を説明し、児童らと一緒に作業を行いました。

 圃場を管理する松岡公子さん(63)は「米づくりを体験することで、普段食べているお米や食べ物がいかに尊いものなのかを理解してほしい」と話し、子ども達の農業への理解促進に期待を寄せました。

 児童らは、水田のぬかるみに戸惑いながらも、青年部員に指導を仰ぎながら積極的に手植えに取り組みました。作業後には、「最初は難しかったけど、自分の手で田植えできてうれしい。」と感想を話しました。田植えした米の収穫は10月中旬に予定しており、児童たちは収穫作業を行う計画です。
苗の植え方を説明
苗の植え方を説明
生産者と児童が一緒に田植えしました
生産者と児童が一緒に田植えしました


第4回JA熊本市『夢未来杯』学童軟式野球4年生大会のご案内

 


添付ファイル

米づくりを通して食農教育

 熊本市西区河内町の白浜水田保全組合は19日、河内小学校の児童と田植えを行いました。米づくりを知り、農業の大切さを学んでもらおうと毎年行っており、今年で11回目。坂本信一組合長は「子どもたちに、机の上ではなく、実体験として農業を学んでもらうことに意味がある。」と話します。

 5年生の児童23人は、生産者に手植えの仕方を教わりながら「くまさんの力」を約1アール植え付けました。児童たちは、水田のぬかるみに歓声を上げながら田んぼに入り、熱心に手植えに取り組みました。担任教諭の長尾妃月さん(23)は「授業の一環でバケツ稲を育てて稲の育て方や成長を観察し、米づくりを学んでいる。実際の田植え体験は、児童たちにとって農業への理解を深める良い機会になった。」と感想を話しました。

 田植え作業後には、生産者への質疑応答が行われ、児童たちからは「稲の宿敵は何ですか」など、米づくりに関する様々な質問が投げかけられました。児童たちは10月には稲刈り体験を行い、収穫した米を食べる計画です。
泥だらけになりました
泥だらけになりました
1列に並んで田植え体験
1列に並んで田植え体験


熊本市長に牛乳贈呈 「父の日に牛乳を贈ろう!」キャンペーン

大西市長(中央)に牛乳を手渡しました。
大西市長(中央)に牛乳を手渡しました。

 JA熊本市酪農女性部、熊本市中央酪農協女性部、火の国酪農協女性部は15日、父の日に合わせて行っている「父の日に牛乳を贈ろう!」キャンペーンの一環で、大西一史熊本市長に牛乳を贈りました。贈呈したのは、牛のイラストと「お父さんありがとう。ちちの日には牛乳(ちち)を」と書かれたシールが貼ってある保冷ポットに入ったビン牛乳900ミリリットル6本。

 同キャンペーンは、酪農家や乳業関係団体が全国一斉に行っており、牛乳を父の日ギフトとして定着させ、消費拡大を目指すことがねらいです。熊本市の父親代表として、熊本市長への牛乳贈呈を平成13年から行っています。

 火の国酪農協女性部長の倉本満子さんは「震災で多くの被害を受け、一時は心配が絶えなかったが、今年も美味しい牛乳を市長へお届けできて嬉しい。牛乳をたくさん飲んで元気になってほしい。」とあいさつ。JA熊本市の飯銅優里酪農女性部長が牛乳を手渡しました。

 女性部員とともに牛乳を試飲した大西市長は「震災後牛乳の栄養分や美味しさに救われた。牛乳は人々の活力になるのだと実感している。酪農業がますます発展することを期待したい。」と話しました。