あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

トピックス - トピックス

ツヤ・ボリューム十分「でこなす」出荷本番・JA熊本市茄子部会

 JA熊本市茄子部会では、旬を迎えた「でこなす」の収穫繁忙期を迎えています。品種は「筑陽」。熊本市南区会富町のJA野菜広域選果施設では23日現在、日量70トンを連日出荷しています。4月下旬から5月の大型連休にかけて出荷最盛期を迎え、日量100トンまで増加する見込みです。6月下旬まで出荷は続き、出荷数量1万1600トン、販売金額45億円以上を目指します。

 熊本市南区会富町の西村和洋さん(44)のハウスでは、ボリューム感のある艶やかなナスがたわわに実っています。西村さんは減農薬栽培に積極的に取り組んでおり、ナスを栽培する全ハウス(約56アール)で天敵を導入しています。「不安定な天候が続いたが、ハウス内整備と温度管理を徹底したことで、例年になく良い仕上がりとなっている」と今年産ナスに期待を寄せます。

 同部会は、164戸が約72ヘクタールで作付け。部会員の約半数が天敵を導入し、安心・安全なナス栽培を徹底しています。また、来年産からの新たな取り組みとして、冬春ナス「PC筑陽」を約2割の圃場で試験的に導入しています。「PC筑陽」は交配時のホルモン処理が不要の単為結果性で、とげなし種であることから、今後作業効率の向上、ナス栽培の省力化、労働力削減を期待します。
ボリューム満点「でこなす」
ボリューム満点「でこなす」


美味しさひとりじめ・小玉スイカ出荷順調・東部スイカ部会

 JA熊本市東部地区で、4月中旬に始まった春物小玉スイカの出荷が順調に行われています。17年産は生育期の寒さが厳しく、日照不足もあり遅れが出たものの、3月下旬の温暖な気候により糖度ののりも良く高品質な仕上がりです。

 4月23日は、約150ケース(1ケース約8キロ、5〜6玉)を出荷。5月の大型連休にかけて出荷最盛期を迎え、5月中旬まで続きます。最盛期には日量1000ケースまで増加する見込みです。総出荷数量6000ケース、販売金額3000万円を目指します。

 品種は「ひとりじめ」。冷蔵庫に丸ごと入る直径約15〜20センチ、約2キロの手頃な大きさが特徴。核家族など少人数世帯が増えたことによる新たな消費者ニーズの高まりに対応できることから、年々人気を集めています。

 JA東部スイカ部会では、生産者6人が130アールを栽培。本年産は、糖度乗りが抜群で、シャリ感も十分で高品質なため、取引価格も上々の推移です。営農指導員の木村仁さん(43)は「今年は2L中心のスイカでやや肥大傾向。糖度のりも抜群。今後暖かくなり、消費が伸びてほしい」と期待します。

大型連休需要に期待。順調に出荷している小玉スイカ
大型連休需要に期待。順調に出荷している小玉スイカ


初導入メロン『肥後グリーン』初出荷・東部メロン部会

収獲に大忙し
収獲に大忙し

 JA熊本市東部メロン部会では、メロン「肥後グリーン」の出荷シーズンを迎えています。今年産より新たに導入した品種で、初出荷した4月23日には約100ケース(1ケース・5キロ・4玉)が出揃い、順調な滑り出しです。

 東区鹿帰瀬町の桝田広蔵さん(66)のハウスでも、朝7時から収穫作業に追われていました。同日は300玉を収穫。桝田さんは「育成期に低温が続き、玉肥大が十分ではないものの、順調に収穫を進めることができている」と話します。

 新たに導入した「肥後グリーン」は大玉長球型、淡緑色の果肉で、シャキシャキとした食感と糖度16度以上の高糖度なのが特徴。収穫後の日持ち性が高く、食味が良いため、市場からの要望も増えている品種です。またアンテナ(茎)無しで出荷できるため、作業の効率化が期待できます。

 今後、5月の大型連休に向けて出荷最盛期を迎え、6月いっぱいまで出荷が続きます。最盛期は最大日量600ケース(約2400玉)を見込んでいます。シーズンを通し、総出荷数量約3000ケース(約1万2000玉)を目指します。営農指導員は「『肥後グリーン』は一般的なメロンと違いアンテナの有無が品質に関係しない。アンテナ管理の大変さを省くことで、少しでも早い選果・選別を徹底し、市場へ安定的に提供していく」と話します。


遊休農地を活用して野菜栽培・JA熊本市女性部総会

第27回女性部総会
第27回女性部総会

 JA熊本市女性部は4月17日に開いた第27回女性部通常総会で、「子ども食堂」に提供する野菜を、遊休農地を活用し栽培することで、安定的に野菜提供することを決めました。平成30年度は2回実施し、より継続性のある取り組み内容とするとともに、遊休農地を活用することで農地保全にも寄与する考えです。

 現在、第2回目の贈呈となる5月下旬に向け、南区天明地区の圃場5アールで、営農指導員と協力しながらキャベツとジャガイモを栽培しています。今後は、遊休農地の環境整備や各支部との連携強化に取り組みます。担当職員は「提供できる野菜の品目数を増やしたい。部員とJAが協力し合いながら持続的な活動になることを目指したい」と話します。

 田島イツ子部長は「長期にわたり地域に根ざした活動を続けてきました。今後も「子ども食堂」など新たな取り組みに挑戦しながら輪を広げていきたい」と話します。

 「子ども食堂」は、2016年から始まった、貧困など様々な事情で食事を十分取れなかったり、1人で食事をしたりする子どもや高齢者などを支援する熊本市の福祉支援事業。現在14団体が活動しています。

 総会では、女性部員約120人が出席し、部長に瀬上カチ子さん(75)を新たに選出。女性部活動計画として食農教育の取り組みやJA運営への女性参画推進としてJA理事に女性3人を登用するなどを重点的に取り組むことを承認しました。


「なすび記念日」に「でこなす」PR・JA熊本市ナス部会

生産者が直接ナスのレシピを説明しました
生産者が直接ナスのレシピを説明しました
園児たちもつややかなナスにくぎ付け!
園児たちもつややかなナスにくぎ付け!

 JA熊本市ナス部会は、4月17日の「なすび記念日」に伴ったナスのPR活動に取り組んでいます。4月16日は市内西南地区の保育園16か所と病院へナス51箱(1箱・30本)を贈呈。記念日当日には、市内量販店2店舗にて試食宣伝会を開催し、部会独自のレシピを活用した簡単料理を買い物客に振る舞いました。

 熊本市西区のマックスバリュー田崎店では、ナス部会の女性部員3人が電子レンジを使ってできるオリジナル時短レシピを紹介。立ち寄った主婦らから「簡単でおいしい。今日の夕飯に出してみたい」「生産者の顔が見えるから安心」と声が上がっていました。

 JAナス部会の小山永治部会長は「ナスは栄養も豊富で、夏場に持ってこいの野菜。大人も子供も食べられるレシピを提供し、需要拡大に努めていく」と話します。

 記念日に合わせたPR活動は「なすび記念日」の周知とJA熊本市産の夢未来ブランドである「でこなす」をPRすることを目的とし、今年で8回目。安心・安全で新鮮な地産地消のナスと、四季に応じた美味しく簡単なメニューをレシピとして紹介することで、ナスの消費拡大に努めます。