1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. 大玉スイカ出荷始まる
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. 大玉スイカ出荷始まる

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

大玉スイカ出荷始まる

出荷作業に追われる作業員
出荷作業に追われる作業員

 JA熊本市北部選果場で4月2日、大玉スイカの出荷が始まりました。2日は4000玉のスイカが運び込まれ、内容・品質を検査する次世代型選果機で順調に選果が行われました。

 今年産は4825トンの出荷を見込み、販売金額1101千万円を目指します。出荷は5月の連休に向けて増えていき、4月15日頃から日量15000〜20000玉の出荷が行われます。

 JA熊本市園芸部会が栽培する大玉スイカは「春のだんらん」「恋あかり」の2品種です。

 部会では秀品率の向上と安定出荷を目指し、収穫の目印に着果棒を使います。果実の直径が7センチになったときに着果棒を立て、収穫までの日数を正確に把握し、内容の均一化を図ります。

 同部会北部支部の中山宏樹部会長は「2月から低温、日照不足に見舞われたが、3月から天候に恵まれ平年並みの生育になっている。昨年より2日早く収穫が始まり、生育は順調」と話しました。