1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. 日本で一番はやい春ソバの種まきを体験
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. 日本で一番はやい春ソバの種まきを体験

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

日本で一番はやい春ソバの種まきを体験

 

 全国でいち早く新そばが食べられる春ソバ「春のいぶき」を栽培する乙畠営農組合は3月27日、地元の子どもたちと種まき体験を行いました。乙畠営農組合が管理する熊本市南区畠口町乙畠地区の5・7ヘクタールの水田は、3月25日から種まきが始まっており、収量6000キロを見込みます。

 地元の子どもたち23人が同組合の役員らの指導のもと、約10アールの水田に5キロの種を撒きました。同組合は、地元で栽培される春ソバに親しんでもらおうと、種まき、収穫、そば打ち体験、新そばの試食会を4年前から行っています。

 内田良博組合長は「種まきを何度か体験している上級生が、下級生に蒔き方を教えている光景が見られる。体験活動が、確実に子どもたちの身についているようで嬉しい」と話しました。

 同地区では、水稲作付け前の休耕田を有効利用し、景観作物として地域活性化につなげようと5年前から春ソバを栽培しています。5月初旬にはソバの花が見頃を迎え多くの見物客で賑わい、収穫は梅雨前に終わり、日本一早く新ソバを食べることができます。