1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. 露地デコポン出荷最盛を迎える
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. 露地デコポン出荷最盛を迎える

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

露地デコポン出荷最盛を迎える

濃厚な食味が特徴のデコポン
濃厚な食味が特徴のデコポン

 熊本市西区河内町のJA熊本市夢未来柑橘選果場で3月13日、露地デコポンの出荷が最盛期を迎えています。現在「肥の豊」を主に、日量約20トン(5キロ1ケース)を関東方面へ出荷。糖度13度以上、酸度1度以下の果実が「デコポン」として出荷されます。

 JA熊本市のデコポンは甘味が強く、濃厚な食味が特徴です。JA熊本市柑橘部会中晩柑部の小崎守充部長は「昨年の天候に恵まれ、肥大は良好で糖度の高い甘いデコポンに仕上がっている」と話します。

 現在出荷しているデコポンは、1月に収穫した中晩柑を各生産者の貯蔵庫で保存し、選果場での果実調査を行ったもの。

 JA熊本市柑橘部会中晩柑部は、生産者150戸が86ヘクタールで「肥の豊」「M16」を栽培しています。出荷は冷温デコポンが出始める4月中旬まで続き、全体で1300トン(前年比30%増)を計画します。