1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. 農産物提供で応援・笑顔あふれる熊本城マラソン2018
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. 農産物提供で応援・笑顔あふれる熊本城マラソン2018

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

農産物提供で応援・笑顔あふれる熊本城マラソン2018

 春の訪れを予感するような快晴のもと2月18日、熊本市主催の「熊本城マラソン2018」が盛大に開催されました。JA熊本市飽田支店前の給水・給食エリアでは、JAが用意した地元産の農産物やドリンクを片手に笑顔で走り抜けるランナーたちであふれました。玉名市から初参加・完走した西澤剛さん(38)は「たくさんの声援に加え、おいしい農産物やジュースなど工夫を凝らした振る舞いで、完走する活力をもらった」と笑顔を見せました。

 JA役職員・女性部・生産部会約120人が給食・給水ボランティアに参加。女性部が市内2つの女性組織と結成した「おもてなし隊」が、熊本城二の丸広場で自慢の手作り味噌を使った味噌汁約1万1000食分を振る舞いました。

 用意した農産物は、イチゴ「ゆうべに」3000食(一部、熊本県青果物消費拡大協議会提供)をはじめ、ミニトマト3000食、「くまさんの力」のおにぎり3000個、JA熊本市茄子部会女性部によるナスゼリーのほか、らくのう牛乳や熊本果実連のみかんジュース。今年は参加したランナー全員に新鮮な農産物を味わってもらおうと増量して用意しました。職員や生産者がランナーに声援を送りながら提供しました。宮本隆幸組合長は「JAの農産物提供はマラソン初開催から今回で7回目の取り組みとなる。毎年高まるランナーの期待も実感している。今後も継続し、ランナー応援を通してJAの農産物をアピールしていく」と話します。
給水ドリンクを準備
給水ドリンクを準備
ナスゼリーにランナーも興味津々
ナスゼリーにランナーも興味津々
人気を集めた「ゆうべに」
人気を集めた「ゆうべに」
「くまさんの力」おにぎりにはお腹を空かせたランナーたちが殺到しました
「くまさんの力」おにぎりにはお腹を空かせたランナーたちが殺到しました