1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. 販売金額3億3000万円を目指す/JA熊本市白浜苺部会出荷協議会
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. 販売金額3億3000万円を目指す/JA熊本市白浜苺部会出荷協議会

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

販売金額3億3000万円を目指す/JA熊本市白浜苺部会出荷協議会

本格シーズンに向けて意思を統一しました。
本格シーズンに向けて意思を統一しました。

 JA熊本市白浜苺(いちご)部会は11月14日、同市西区河内町の白浜公民館で、クリスマスや年末年始の需要期を前に2017年産イチゴ出荷協議会を開きました。出荷規格や今後の生産管理について協議しました。

 生産者や市場関係者、行政、JA職員ら約50人が参加。市場の情勢報告やJA経済連の新品種「ゆうべに」における販売取り組み報告がありました。部会員は、管内のイチゴの着色や形、大きさやパックの詰め方について申し合わせ、意思の統一を図りました。

 岡山丸果の太田義人部長は「白浜部会は業者から選ばれる産地。主力品目である新品種『ゆうべに』は更なる需要拡大が見込まれる。高品質で安定した出荷のための管理徹底をしてほしい」とあいさつしました。

 JA担当職員は「今後は厳寒期の適正な温度管理や液肥の適正施行を徹底し、二番果以降の充実を図り、シーズン通した安定出荷をしてほしい」と部会員へ呼び掛けました。JAは11月16日の初出荷から来年6月までの長期的な出荷を計画し、17年産出荷数量100万パック(1パック250グラム)(前年比101%)、販売高3億3000万円(同106%)を目指します。