1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. 成熟した稲を収獲
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. 成熟した稲を収獲

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

成熟した稲を収獲

 JA熊本市青壮年部竜田支部は10月18日、小学生に稲刈り指導を行いました。体験をしたのは熊本市立龍田小学校の5年生121人と、龍田西小学校の5年生91人。児童らは6月21日に「くまさんの力」の田植え体験をしており、ふっくらと成熟した稲を観察し、青壮年部員の指導を受けながら刈り取りました。地元の子どもたちに米づくりを通して食の大切を学んでもらおうと毎年行っています。

 龍田小学校の生徒らは鎌を使って刈り取り、コンバインでの脱穀を体験しました。後藤新介支部長は「実際刈り取ってみることで、作業の大変さを知ってもらいたい」と話しました。

 刈り取り体験をした児童は「初めてしたけれど刈り取るときのサクサクとした感覚が楽しかった。刈り取ったお米を食べるのが楽しみ」と感想を話しました。収穫した米は学校給食で食べてもらう予定です。
張り切って刈り取る児童たち
張り切って刈り取る児童たち
コンバインでの脱穀は迫力でした
コンバインでの脱穀は迫力でした