1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. 高品質出荷に向けて意志統一/JA熊本市茄子部会出荷説明会
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. 高品質出荷に向けて意志統一/JA熊本市茄子部会出荷説明会

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

高品質出荷に向けて意志統一/JA熊本市茄子部会出荷説明会

現物を見て出荷規格を確認
現物を見て出荷規格を確認

 全国有数の冬春ナス産地であるJA熊本市茄子部会は9月20日、同市南区会富町のJA野菜広域選果施設で、安全で高品質なナスを出荷するために出荷説明会及び査定会を開きました。生産者らは出荷規格に則った高品質なナスを出荷するため、部会員の意識統一を図りました。

 部会員やJA関係者ら約100人が集まり、現物を見ながら着色状態や大きさなどの規格を確認。生産者同士やJA指導員と意見を交わしました。今後の生産取り組みとして、虫取り用粘着シートの設置や農薬使用基準など品質向上対策を協議し、防除暦・栽培管理記録の徹底や、衛生環境重視とコンテナ取扱いについて話し合いました。

 小山永治部会長は「消費者や市場の求める安心・安全な美味しいナスを出荷するために、部会一丸となって取り組んでいこう」と呼び掛けました。部会は同市西南部で166戸が76ヘクタールで商標「でこなす」、品種が長ナス「筑陽」を生産しています。2017年度は出荷量1万2540トン(前年比0.7%増)、販売高46億5000万円(同0.5%増)を計画しています。