1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. 「あきづき」出荷本番
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. 「あきづき」出荷本番

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

「あきづき」出荷本番

出荷本番を迎えた秋の味覚梨「あきづき」
出荷本番を迎えた秋の味覚梨「あきづき」

 JA熊本市芳野梨選果場で、梨「あきづき」の出荷が始まりました。9月4日は、生産者が持ち込んだ「あきづき」を選果し、地元市場を中心に約3トンを出荷しました。一部はJA各支店でも袋入りで販売します。

 「あきづき」は、8月下旬に集荷を終える「豊水」と9月下旬に出荷が始まる「新高」の間に販売する品種として栽培されており、JA芳野梨部会の生産者約20人が生産しています。果汁が多く、シャキシャキとした食感で、糖度が高いのが特徴。8月下旬から9月中旬にかけて約30トンを主に九州管内へ出荷します。

 販売担当職員の木太郎さんは「『あきづき』は酸味が少なく、食味が良いので、消費者の間でもファン層が厚い品種。今後は出荷量が増える見込みで、多くの消費者に品質の良いものを食べてもらいたい」と話しました。

 若手生産者の杉本憲昭さん(32)の梨園では、KAB熊本朝日放送の番組「Do You のうぎょう?+プラスワン」の収録がありました。梨園で栽培している「あきづき」は、色付きが良く、たわわに実っています。杉本さんは梨生産のこだわりについて「きれいでおいしい梨を食べてもらうために、一玉一玉丁寧に袋掛けをしている」と説明しました。番組は、9月8日の午後7時54分から放送予定です。