1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. 小玉スイカ出荷始まる
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. 小玉スイカ出荷始まる

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

小玉スイカ出荷始まる

出荷が始まった小玉スイカ
出荷が始まった小玉スイカ

 JA熊本市東部スイカ部会小山戸島支部は、1月27日から小玉スイカを出荷しています。今年は全国に先駆けて小玉スイカの出荷が始まりました。品種は「スウィートキッズ」で、現在出荷しているのは超極早生。2月下旬までの出荷で1500ケース(1ケース約8キロ・5〜6玉)を見込みます。超極早生の出荷は2月下旬でひと段落し、3月下旬から本格的に春物の出荷が始まります。

 曇天続きで中身の充実具合、玉太りが心配されましたが、糖度、シャリ感、食味ともに仕上がっており、玉サイズは例年よりも一階級小さい。

 直径12センチ〜18センチほどの小玉スイカは、大玉に比べて高糖度でシャリ感が良いのが特徴。2月4日は、252ケースがJA熊本市小山戸島支店の出荷場に運び込まれました。出荷は前日に収穫して箱詰めを行い、週2〜3回行っています。

 ひと玉が軽いので高齢者にも扱いやすい小玉スイカ。糖度も高く美味しい品種が出てきています。20年前は大玉スイカの生産のみだった同支部では、現在、生産の8割を小玉スイカが占めます。

 同支部は土づくりにこだわり栽培にしており、生産農家は7戸(計3・2ヘクタール)。春口豊徳支部長は「部員一同、生産から出荷まで意思の疎通を図り、高品質の小玉スイカの生産ができている」と話します。