1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. ハウスレンコン出荷最盛期
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. ハウスレンコン出荷最盛期

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

ハウスレンコン出荷最盛期

ひと箱ひと箱点検し出荷する「高砂れんこん」
ひと箱ひと箱点検し出荷する「高砂れんこん」

 熊本市西区のJA熊本市中島支店の集荷所で、ハウスレンコンの出荷が最盛期を迎えています。現在週5回の出荷で、「泥つき」「洗い」合わせて日量約2000ケースを出荷。JA熊本市高砂蓮根部会部会長は「検査員がひと箱ひと箱点検し、出荷規格を徹底して高品質のレンコンを消費地に提供している」と話します。

 6月17日は、「泥つき」686ケース(1ケース2キロ)、「洗い」1322ケースを出荷しました。

 営農担当職員は「天候不順の影響を受けたが、生産者の努力により品質の良いレンコンに仕上がっている。多くの方に味わってもらいたい」と話します。

 消費地の嗜好に合わせて、「泥つき」を中京、中国・九州地方に、「洗い」を関東地方に出荷しており、空輸やトラック便輸送による翌日販売で、消費地に新鮮なレンコンを届けています。

 部会は27戸の生産者が、ハウスと露地を合わせて約40ヘクタールで栽培しています。平成27年産計画出荷量は220トン(前年比95・7%)。露地レンコンの出荷は6月24日頃から始まる見込みです。