1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. ハナショウブ 出荷始まる
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. ハナショウブ 出荷始まる

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

ハナショウブ 出荷始まる

 熊本市の豊富な湧水で育つハナショウブが出荷の時期を迎えました。JA熊本市出水支店花卉部会は4月14日、JA熊本市出水支店で出荷査定会を開き、平成27年産のハナショウブの仕上がりを確認しました。

 出荷初日の当日は、15ケース(1ケース花100本・葉250枚)を全国に出荷。最盛期は、4月下旬から5月上旬に迎えます。

 出荷するハナショウブの花色は濃紫と薄紫の2種。ケースには花と葉を分けて入れ、市場で扱いやすいようにしています。週3回の出荷で、平成27年産は500〜600ケースの出荷を見込みます。

 部会(生産者5人)では、2人がハナショウブ(0・5ヘクタール)を生産します。田畑一之部会長は「今年も良いハナショウブが出来ている。順調に出荷作業に取り組んでいきたい」と話しました。