1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

トピックス

早期米・順調に田植え・白浜営農組合

鮮やかな緑色のラインができていました
鮮やかな緑色のラインができていました

 有明海に面した温暖な気候を生かし早期米栽培がさかんな西区河内町白浜地区で、田植えが始まっています。白浜営農組合は4月16日、17日の2日間、早期米「キヌヒカリ」を約20ヘクタール植え付け。6月中旬には普通期米「くまさんの力」約23ヘクタールを田植え予定です。

 代掻きを済ませた水田には、田植え機がうなりをあげながら約15センチに伸びた苗を瞬く間に植え込み、鮮やかな緑色の早苗の列ができていました。8月中旬のお盆前後に収穫期を迎えます。

 同組合の組合員数は約180人。約23ヘクタールの圃場を、オペレーター16人、役員15人が一括管理します。17年産は7・9俵(1俵60キロ)の反収となり、今年産は反収8俵を目標に掲げています。

 横田憲章組合長は「天候に恵まれ、3月中旬に播種した苗が順調に育ち、予定通り田植えができている。収穫に向けて管理を徹底していく」と意気込みます。


「ハナショウブ」5月の節句需要に向け管理徹底・JA出水支店花卉部会

 熊本市江津湖水系の豊富な湧水で育つハナショウブが出荷シーズンを迎えました。JA熊本市出水支店花卉部会では4月17日から出荷をスタートしており、現在日量約50ケース(1ケース花100本・葉250枚)を週3回出荷しています。

 同日はJA出水支店で2017年産ハナショウブの規格査定会を行いました。部会員2人が早朝から持ち寄ったハナショウブの長さ・重量を計測し、出荷規格や等級などについて確認しました。色は薄紫と濃紫があり、長さ・重量によって特・秀・優の3段階に階級を分けて出荷します。JA熊本経済連の担当者から販売に関する情勢報告があり、高品質出荷に向けて意見交換をしました。

 田畑一之部会長は「寒暖差の激しい天候が続く中、生産者の努力で例年通りに順調な出荷ができている。本年産は葉の締まりもよく品質も良好だ」と自信をのぞかせます。

 部員4人で構成する同部会では、ハナショウブを農家2人が1ヘクタールで生産し、ハナショウブの他、シマガマやローソクガマ、シマフトイ、テッポウユリなどを無加温ハウスで栽培しています。今後は、4月下旬から出荷最盛期に入り、最大で約60ケースの出荷日量となる見込みです。5月の節句需要に向けて栽培管理を徹底し、高水準な安定出荷に努めます。
順調に出荷されるハナショウブ
順調に出荷されるハナショウブ


春キャベツ出荷本番・品質良く太鼓判

 JA熊本市キャベツ部会が生産する春キャベツの出荷がいよいよ本番を迎えます。品種は「春ごろも」。今年産は厳寒期の低温・乾燥により例年よりも1週間ほど遅れが出ているものの、3月以降天候に恵まれ、柔らかく甘みが強い高品質な仕上がりです。

 4月4日はJA城山支店で、出荷本格化に向けて出荷査定会を開きました。生産者、荷受市場7社、JA関係者ら約50人が参加。輸送時にキャベツが傷まないように箱詰めの仕方や、等階級、外葉の調整などを確認し、統一した出荷で有利販売を目指すことで意思統一しました。

 荷受市場代表が急激な気温上昇による単価低下や今後の販売見通しなどを報告。「全国的に品質低下に陥っている現状で、バイヤーからJA部会の今年産春キャベツの品質が非常に良いと太鼓判を頂いている。シーズン通した高水準な出荷をしてほしい」と呼び掛けました。

 吉岡浩治部会長は「生産者間で見られる品質格差を無くし、市場・消費者のニーズに沿った安定出荷を徹底していきたい」と話します。出荷は4月5日から始まり、最盛期の4月下旬からは日量3000ケース(10キロ/1ケース)以上を見込みます。

 春キャベツ「春ごろも」は、病気が少なく、収穫量を確保できるのが特徴です。栽培農家46戸が約13ヘクタールで栽培。5月中旬まで4万ケースの出荷を見込みます。部会は出荷計画表で動向を管理し、計画的な販売につなげています。
部会員にキャベツの出荷規格を説明する吉岡部会長(右)
部会員にキャベツの出荷規格を説明する吉岡部会長(右)


熟度良好・大玉スイカいよいよ出荷開始

 JA熊本市北部管内で3月31日より、2018年産大玉スイカの出荷が始まります。初出荷には900ケース(1ケース2玉)が出揃う予定です。4月の下旬〜5月の連休にかけて最盛期を迎え、6月下旬まで総出荷量60万玉を見込んでいます。

 出荷に先立ち3月29日に、同市北区鹿子木町にあるJA熊本市北部選果場で査定会を開きました。支部役員を務める生産者や営農指導員らが集まり、品質や糖度、食味を確認しました。JA熊本経済連から県内の2018年産大玉スイカの生育・販売概況報告があり、今後の出荷計画についての意見交換をしました。

 JA北部園芸部会の坂田隆教部会長は「生育時に低温・曇天が続き心配したが、生産者の努力で、着色の乗りもよく、糖度12度以上と高品質に仕上がっている」と話します。

 管内では、生産者約170人が栽培面積108ヘクタール(前年比1%増)を作付け。今後の部会の取り組みとして、支部役員が出荷前の圃場を巡回し、より高品質なスイカの出荷を徹底します。営農指導員は「天候に恵まれ気温も高いため、収穫遅れにならないようにこまめに査定を行い、品質の安定に努めたい」と話します。

査定会の様子
査定会の様子


出荷本格化を前に産地アピール・JA熊本市圃場視察会

 JA熊本市は、「夢未来」ブランド農産物の消費拡大とファンづくりのために、市場担当者との連携強化に努めています。産地側から積極的に情報を提供し、円滑な販売を目指します。

 

 3月13日、14日は、関東から九州までの重点取引市場の担当者約30人を産地に招き、2日間にわたって春夏瓜類・春野菜の情報交換会と品目別生産圃場(ほじょう)視察会を開いきました。3月下旬から本格化する出荷期を前に、農産物の生育状況や消費地需要について意見を交換することで、市場占有率拡大並び安定供給等での販売力強化を推進していきます。

 

 視察会はJA管内で栽培するスイカ類、イチゴ、メロン類、タマネギ、ナス、トマト類の圃場で実施。規格や品種についての質問が出ると、生産者やJA担当者が説明しました。JA管内の西区河内町白浜地区では、JA白浜苺部会が栽培するイチゴ「ゆうべに」と「恋みのり」の食味を比較し、今後の出荷計画と市場のニーズを確認し合いました。

 

 営農販売課の原田直樹さん(35)は「農業所得向上のためにも、生産現場と市場の密な情報交換で有利販売実現に努める」と話します。

食味を比較する市場関係者
食味を比較する市場関係者