1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

トピックス

トンネル栽培の梨「幸水」出荷開始・玉太り・糖度共に上出来

 トンネル施設栽培のナシ「幸水」の出荷が7月17日、熊本市西区河内町のJA熊本市芳野梨選果場で始まりました。2018年産は開花が例年より早く大玉傾向。4月以降、適度な雨量と晴天に恵まれ糖度ものり、多汁で軟らかい肉質に仕上がっています。

 初日は約3トンが出揃い、昨年より新たに導入した品質測定装置と糖度センサーで糖度や熟度、色や形状、傷の有無などを厳格にチェックし、大きさなどを選果員が厳選。関東地方を中心に出荷しました。内田隆敏部会長は「果実内容、果皮色も良好で、食味も申し分ない。今年産は収量も多く、安定した出荷を見込んでいる」と太鼓判を押します。

 同日、西区芳野地区にある松本文昭さん(59)の梨園では、早朝からナシ「幸水」の出荷が進められていました。この日はコンテナ105杯(1杯約20キロ)を収穫、出荷。比較的気温が低い時間帯に収穫を済ませ、品質維持を徹底しています。松本さんは「養液授粉を導入することで労力削減に成功した。変わりやすい天候に対応しながら高品質な梨を栽培できるように新たな栽培技術を取り入れていきたい」と意気込みます。
 JA熊本市芳野梨部会は23戸の農家が8ヘクタールで栽培。品種構成は「幸水」「豊水」「新高」「あきづき」を中心に栽培しています。全戸がエコファーマーを取得し、消費者に安全・安心な果実を届けようと取り組んでいます。
 出荷は品種ごとに異なり10月中旬まで続く見込みです。今年産全体で150トンの出荷販売を計画します。
大きく実ったナシ「幸水」を収穫する松本さん
大きく実ったナシ「幸水」を収穫する松本さん


旬のハウスミカン人気 試食販売PRに手応え JA熊本市柑橘部会

 JA熊本市柑橘部会ハウス部は7月7日、県内唯一の百貨店「鶴屋百貨店」で、旬を迎え、順調に出荷を進めているハウスミカンの試食宣伝会を開きました。地元消費者へのJA熊本市産ハウスミカンの認知度向上と販売強化が目的。夏場の贈答用として需要が増加する7月中旬の盆前の開催となりました。

 宣伝会には、ハウスミカンの生産者である小崎冷子さんと上野初代さんが店頭に立ち、この日限定の600袋(1袋8玉入り)を540円で販売。一口サイズにカットしたハウスミカンを試食用に配り、買い物客に食味の良さをPRしました。立ち寄った買い物客らは糖度の高さや手頃に買えるリーズナブルさに驚いた様子でした。「夢未来ミカンをいつも買っている。ハウスミカンも美味しいということを初めて知った」と声を掛けてくる購入者もいました。

 部会では、販売網拡大を目的に、全国各地の消費地で試食宣伝会を開き、有利販売に向けた活動を活発に行っています。昨年度は5年ぶりに結成した女性部によるキャラバン隊の消費宣伝活動を実施。店頭に生産者自ら立つことで、生産者と消費者の交流を図り、消費現場のニーズを生産者に周知するとともに、安全・安心な夢未来ミカンを打ち出して更なる消費拡大につなげています。

 

ハウスミカンのご注文はJA熊本市柑橘選果場(電話:096−278−1011)まで♪

朝10時から夕方17時まで販売しました
朝10時から夕方17時まで販売しました
美味しいと大好評!
美味しいと大好評!


【自己改革】「JAの顔」として、JAと地域の架橋に

 JA熊本市の営農指導員は、「JAの顔」として、JAと地域を結ぶパイプとなり、重要な役割を果たしています。現在、41人の指導員が各支店や選果場で組合員と地域住民の相談相手になり、指導を行っています。

 JA営農指導事業は、JAが取り組む様々な事業を緊密に結びつけ、組合員の満足度を高めるための土台となり、JA自己改革の柱である「農業者所得の増大」、「農業生産の拡大」、「地域の活性化」を包括的に担っています。農業経営の技術・経営指導、農畜産物市場の情報提供、新しい作物や技術の導入等の組合員の営農支援のための活動の他、地元の小中学生などを対象に出前授業や食育活動で、未来を担う子どもらの農業に対する理解促進を図っています。

 出前授業で最も多いものが米作りに関する指導です。組合員の協力を得て、圃場管理を行いながら、6月には田植え体験、10月以降稲刈り体験を指導しています。JAの小佐々穂波指導員は「授業の一環という捉え方だけでなく、農業に興味を持つきっかけになるように指導をしている。生産者と子どもたちの交流の場にもなっていて、指導員としてやりがいを感じる」と話します。

 また、近年では環境保全型農業の推進や、安全な農畜産物生産指導、農作業安全確保のための取り組みにも力を入れており、担い手の多様なニーズに対応が可能な専門性の高い営農指導員の育成を実践しています。昨年8月に熊本県が創設した「くまもと県版農業生産工程管理(=県版GAP)」においては、消費者の安全・安心志向に対応し新たな産地PRの手段として認証取得に取り組み、5人の指導員がJGAP指導員資格を取得しました。生産農家と協力し合いながら市内初のGAP認証取得に至っています。

 「営農指導事業は、地域農業振興の核と位置付け、行政・関係機関と生産者が一体となった農業振興活動基盤を強化する必要がある」とJA営農指導課の野田一秋課長は話します。JAでは、今後もそれぞれの営農地域の条件に沿った営農指導体制を確立し、諸事業の機能拡充を目指します。
小学生に田植えの説明をする営農指導員(左)(6月22日、市内西区の圃場にて)
小学生に田植えの説明をする営農指導員(左)(6月22日、市内西区の圃場にて)


販売4億円突破/生産・販売努力奏功/JA熊本市白浜苺部会総会

 JA熊本市白浜苺(いちご)部会は7月3日、玉名市内で2017年度通常総会を開きました。17年度は生産量276トン(前年比11%増)、売上高は4億2751万円(同35%増)と、前年実績と目標値を大きく上回り、ともに過去最高の実績となりました。また、新品種「ゆうべに」を主力品目として、JA熊本経済連など各関係機関と連携したPR販売、消費宣伝活動への積極的な取り組みと、新たに葉ダニに対する天敵導入や「ゆうべに」の面積拡大で単収増大に成功したことを報告しました。

 部会員や取引市場、行政、JA関係者ら約60人が出席。村上勝彦部会長が「生育期に低温が続く中、徹底した温度管理と天敵を活用するなどの成疲れ対策で収量増大につながった」と説明しました。JA河内支店担当理事の木下優喜理事は「昨年度着実に実った生産・販売努力を今年度も継続していくことが重要。果樹・園芸が共に実績を伸ばしていることを強みとし、産地を盛り上げていこう」と呼び掛けました。

 取引市場を代表して挨拶した北九州青果の橋本涼果実部次長は「昨年は異常気象影響を受けて全国的に果実が不足し、ミカンなどの各強豪品目の生産量が減少した。また、様々な国際情勢のあおりを受け輸入果実が減少したことも起因して、国産イチゴの高単価販売が可能となった」と昨年度の販売状況を振り返りました。取引市場による情勢報告では、年々輸出規格の比重が増えていることや、更なる需要拡大が見込まれる「ゆうべに」の生産技術の確立と安定供給を求める報告が相次ぎました。

 18年産は、部会の生産農家17戸が約6ヘクタールを作付け予定で、出荷量300トンを目指します。重点取り組み事項として、計画出荷による安定供給の徹底や、年内及び厳寒期の出荷割合向上対策として健全苗の育成を行い生産量及び果実品質の向上に努めることなどを決めました。
審議を進める出席者ら
審議を進める出席者ら


平成31年度 JA熊本市職員募集!

 

平成31年度 JA熊本市職員募集

 

新しい時代の農業を支え、地域と共生し、

生活に豊かさと安心を届けるJAの仕事をしませんか

 

 職員採用試験の募集要項詳細は添付ファイル(PDF)をご覧ください。


添付ファイル