1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、野菜や果物の収穫体験など年9回の開催を予定しています。

トピックス

夢未来みかんについて学ぶ・小学生選果場見学下見

JA熊本市では、7月31日と8月1日の2日間、夢未来柑橘(かんきつ)選果施設において、社会科見学(柑橘選果施設の見学)の申し込みのあった学校の先生を対象に下見会と称してミカンの勉強会を実施しました。

下見会は、食農教育の一環でミカンの生産から集荷、選果、出荷までの流れについてはもちろん、夢未来ブランドのPRと将来の消費を目的に実施しており、まずは先生に理解してもらい、子どもたちに繋いでいくことで理解がより深まるようにと始めて今年で5年目となります。

下見会で、生産者を代表して柑橘部会の上村英哉部会長は「ミカンのことをよく知ってもらい、子ども達に繋いでいただきたいです。より良い社会科見学となるように」とあいさつしました。それぞれの担当よりミカンの生産のことや高品質への取り組み、選果施設の特徴、出荷先等について説明しました。

参加した先生達からは、「ミカンの事がよく解りました。子どもたちの予備学習に役立ちました」等、好評の声がある半面、「難しい単語が多かったので、補足を付け足してほしいです。もう少し流通について詳しく知りたかったです。」等の要望もありました。

施設見学はミカンの選果量が多い10月から11月末まで行い、7月末現在で79校6624人の見学申し込みがあっています。JA熊本市では、新たな要望点を加えながら子ども達への食農教育に今後益々力を入れていく方針です。



うまい米づくりのための生産管理徹底・JA熊本市水稲現地検討会

JA熊本市は、2019年産の水稲現地検討会を7月20日から始めました。良食味米生産と収量安定を目指し、同JA管内の約20ヶ所の現地圃場で、米農家を対象に、JA営農指導員と関係機関が連携して毎年実施しており、肥培や水の管理、適期防除を指導します。

 19年産の現状は、田植え後の日照不足や大雨による冠水で生育は軟弱気味で、分げつは例年より進んでいませんでしたが、梅雨明け以降の好天により生育は回復してきています。

 7月29日は、熊本市東区画図地区の水田で生育概況や今後の管理について指導員が説明しました。病害虫の発生予報や穂肥の目安となる葉色を確認し、高温障害や雑草を防ぐための水管理など具体策を示しました。生産者は雑草防除や病害虫防除について詳しく説明を求めていました。

 同JA管内の19年産の作付面積は2700ヘクタール。うち「くまさんの力」762ヘクタール、「ヒノヒカリ」646ヘクタール、「森のくまさん」253ヘクタール、「ヒヨクモチ」705ヘクタールとなっています。



全て採用種子・品質・収量良好

JA熊本市は、JA管内の麦種子検査を行い、JA農産物検査員が入念に検査しました。管内の小麦種子作付面積は60.7ヘクタール(うち原種1.8ヘクタール)で、「ミナミノカオリ」「チクゴイズミ」「シロガネコムギ」を栽培しています。7月25日から8月上旬にかけて検査員による厳正な検査を行い、合格した麦種子を県下に供給します。

25日は、熊本市北区の北部支店で、清水地区の3戸が持ち込んだ「シロガネコムギ」と「チクゴイズミ」麦種子268袋(1袋30キロ)を検査しました。抽出した麦種子のサンプルを専用の皿に載せて整粒歩合、虫の被害粒や未熟粒の混入などを確認しました。検査の結果、全て合格と格付けし、荷受けした麦種子すべてが採用種子となりました。

検査員の木村仁さんは「19年産の麦種子は、降雨後の収穫による退色があったものの、全体的に豊作で粒が大きい麦が出来ました。品質・収量共に良好です。」と講評しました。



令和2年度 JA熊本市職員募集!

令和2年度 JA熊本市職員募集

 

新しい時代の農業を支え、地域と共生し、

生活に豊かさと安心を届けるJAの仕事をしませんか?



麦種子下見会・収量、品質共に良好

JA熊本市種子部会は7月12日、通常総会と2019年産麦種子下見会をJA本店で開きました。2018年度事業報告と19年度事業計画など3議案を可決・承認しました。下見会では、生産者や行政、JA農産物検査員ら約20人が麦種子サンプルを一皿ずつ手に取り、粒の形や色など麦の品質を見極めました。

麦種子部会はJA管内の清水・竜田・健軍地区の生産者40人が104.88ヘクタール(前年比107%)(うち原種3.5ヘクタール)で栽培。穂の高さが均一で病害が無いなどの要件があるため普通麦とは圃場を区別します。

今年産麦は、冬の暖冬の影響により生育が前進していました。出穂は平年より5日ほど早く推移していましたが、開花までに時間がかかったため生育の前進は落ち着き例年よりもやや早い出荷となりました。収量に関しては平年並みからやや多く、品質については収穫時の降水も少なく良好です。管内の麦作付面積256ヘクタール(同119%)。収量見込みは10アール当たり約350キロ(同108%)で、例年並みかそれ以上の収穫量です。

麦種子の検査は25日から始まり、麦を厳選出荷するため選別時の調整指導を徹底します。