1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

トピックス

栽培管理奏功・高単価維持を報告・JA熊本市梅部会総会

 JA熊本市梅部会は5月8日、同JA芳野支店で平成29年度総会を開きました。平成29年産の出荷数量18トン、販売金額690万円の実績報告や、平成30年度事業計画を協議し、全て承認しました。

 部会員や行政関係者、JA職員ら約30人が出席。中川栄一郎部会長が「昨年は異常気象の影響を受けつつも、生育期の天候に恵まれたため高品質の梅が出荷できた。今年産は販売体制を強化し、それに即した安定出荷をしていこう」と呼び掛けました。県の農業普及振興課からは、県内・他主要産地での今年産梅の生育状況や、果樹園地での越冬カメムシが確認されたことを受けた栽培管理の留意点についての説明がありました。

 平成29年度産は天候に恵まれ高品質生産につながりました。出荷数量は平年を下回ったものの、高品質出荷の徹底により売上平均キロ単価が363円(前年比34%増)と高水準で推移しました。出荷シーズンを終えた7月以降の農業祭やKAB元気フェスタなど各イベントで販売した梅加工品が好評で、厳しい気象条件の中、最大限の生産・販売事業を実施しました。

 平成30年度は総出荷量25トンを目標とし、部会員24戸で「青果販売に主体をおいた生産・販売」を基本方針に、生産管理マニュアルに沿った安全性の確保や選果レベルの向上を図り消費者の求める梅作りに努めます。「玉英」を5月下旬、「南高」を6月上旬に初出荷予定です。

再任された中川部会長(左)を始め、新役員があいさつ(8日、総会にて)
再任された中川部会長(左)を始め、新役員があいさつ(8日、総会にて)


夏バテ予防の味方・レイシ出荷順調にスタート

レイシの収穫をする緒方部会長
レイシの収穫をする緒方部会長

 JA熊本市管内では、4月16日からハウス栽培のレイシの出荷が始まっています。JA熊本市レイシ部会の緒方敏基部会長のハウスでは2日、2月中旬に定植したレイシの収穫が始まっています。緒方部会長は「冬場の冷え込みで例年より2週間ほど生育が遅れているが、ずっしりとボリューム感もあり品質のよいものができている」と自信を見せます。

 18年産は、定植後の低温による出荷遅れが心配されましたが、3月の気温上昇で生育が進み、例年通りの出荷スタートを切りました。熊本市南区会富町のJA広域野菜選果施設では、5月の大型連休や5月8日の「ゴーヤの日」に合わせて出荷数量が増えており、2日現在日量2000ケース(1ケース3キロ)を連日出荷しています。今後5月中旬から6月上旬に出荷最盛期を迎え、6月末まで続きます。総出荷量10万ケース、販売高1億5000万円を目指します。

 JAレイシ部会は生産農家36戸が約7ヘクタールで栽培しています。生産する品種は「えらぶ」で、濃い緑色で光沢があり、表面の丸みを帯びたイボとボリューム感が特徴です。独特の苦味がスタミナ源となる健康志向の夏野菜として夏バテ予防の味方として人気を集めています。

 緒方部会長は「夏場の需要期を目前に控え、女性部を中心に開く試食販売会などで消費地に熊本市産のレイシをPRし、更なる消費拡大に努めたい」と話します。


熊本市・3JAらと連携・施設園芸防油堤整備運動本部設立

 熊本市はこのたび、JA熊本市やJA鹿本、JA熊本うきと熊本県県央広域本部農林部や市の関係各機関と連携し、施設園芸防油堤整備運動本部を設立しました。熊本地震で相次いだ農業用燃料タンク倒壊で発生した重油流出事故を踏まえ、復興基金を活用し、今後起こりうる大規模震災害時に強い産地体制を構築するとともに、環境保全及び火災予防を目的とします。関係機関等と連携した運動本部を設置し、同様に事業に取り組んでいる市町村は類が無いといいます。 

 2018年度から2020年度の3年間にわたり、農業用施設の防油堤整備や園芸施設、集荷貯蔵施設、畜産関連設備の耐震化等の補助金支援を実施。補助対象者は市内居住の農業者もしくはその農業者が組織する団体とし、農業者各々の事情に対応できる支援体制を図ります。4月27日現在、1次募集に約30件の要望が寄せられており、5月以降申請事業の精査などを終え、6月上旬に着工に至る予定です。熊本市では、1次募集が終了した5月以降も募集を継続し、9月末まで随時事業要望を受け付けています。

 設立に際し、4月27日に熊本農政事務所で開いた第1回会議には、関係機関代表者ら約20名が出席。本部長を務める市農水局の西嶋英樹局長が「地震から2年が経過し農業関係について復旧復興が進む中、災害に強い産地を作っていくためにも防災・減災の観点から支援事業の取り組みを進めていかなければならない。関係機関が一体となり、対策・支援をしていこう」と呼び掛けました。
設立会議にて
設立会議にて


熊農高校・春の苗物販売会で笑顔の輪・地域に根ざした学校作り

たくさんの買い物客で賑わった販売会
たくさんの買い物客で賑わった販売会

 熊本市南区元三町の熊本県立農業高等学校で開催する「春の苗物販売会」が人気を集めています。4月28日に開催した販売会には、生徒らが丹精込めて準備した約40品目の色とりどり苗物が出揃い、「毎年楽しみにしている」という地域住民や市内外からの大勢の買い物客で校内は賑わいました。

 販売会には、全校生徒約800人のうち、園芸・果樹科、農業経済科、生活科に所属する生徒約100人が参加。販売用の苗は3年生を中心に数か月前から授業や実習中に準備したもので、買い物客からは「しっかりした良い苗だ」と講評を得ているといいます。新聞の折り込みチラシで地域住民に事前に告知し、来客数を確保する工夫が功を奏し、例年ファンが増え続けているといいます。

 ナスやミニトマトなどの野菜の苗物販売を担当していた園芸・果樹科2年生の前田菜未さんは「お客さんに苗に関しての質問をされたがうまく答えられなかった。とにかく人が多くて忙しかったが、とても楽しくいい経験になった」と充実した面持ちでした。

 同校の森田茂樹農場長は「自ら育てた花や苗を実際に販売する中で、お客さんとのふれあいを通して、農産物の生産・販売のやりがいや難しさを学んでほしい」と話します。同校は農場開放の一環として開放講座を実施する他、肥後野菜の栽培にも取り組んでおり、地域に開かれた学校作りを目指しています。


高品質・早生タマネギ・5月連休に出荷最盛

 JA熊本市玉葱部会では、旬を迎えた早生タマネギの出荷最盛を目前に、収穫繁忙期を迎えています。4月27日現在、熊本市西区中島地区のJA中島集荷場には、連日750〜800ケース(1ケース10キロ)が出揃っています。5月の大型連休にかけて日量最大1500ケースまで増える予定です。

 17年産は、冬の低温・乾燥により生育に遅れが出たため、若干の小玉傾向で出荷をスタートしていますが、4月に入り天候に恵まれ、玉肥大が進んでいます。肉質は柔らかく、甘味も増し、高品質な仕上がりとなっています。JA販売担当職員は「今からの時期は降雨が増えるので、べと病防除を徹底し数量確保・安定出荷に努めたい」と話しました。

 岩崎俊一部会長の畑では4月27日、収穫後天日干しされている白くみずみずしい早生タマネギが所狭しと並んでいました。岩崎部会長は「自然光で3日ほど干すことで、甘さが増し、美味しさを凝縮したタマネギに仕上がる」といいます。

 部会は生産者9戸が約8ヘクタールを作付け。主に広島を中心に中国地方、大分、熊本県内へと出荷します。6月まで続き、総出荷量400トン、販売高4000万円を目指します。
甘く高品質な早生タマネギ(岩崎部会長ご夫妻)
甘く高品質な早生タマネギ(岩崎部会長ご夫妻)