1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. 生産者と一緒にそば打ち体験
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. 生産者と一緒にそば打ち体験

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

生産者と一緒にそば打ち体験

 乙畠営農組合は8月1日、熊本市南区畠口町の乙畠公民館で、乙畠地区でとれた春ソバ「春のいぶき」を使ったそば打ち体験を行いました。

 桝田そば製粉の指導のもと、生産者と子どもたちが一緒にソバ作りに挑戦。子どもたちは乾麺と手打ちそばを食べ比べて、新そばを味わいました。

 事前に混ぜたそばの生地を、小学生は手で、園児は足でこねました。延し棒を使って平らにし包丁で麺に切り分け、その場で茹でました。

 そばの種まきや収穫体験にも参加した児童は「手打ちソバは歯ごたえがあって、ほんのり甘くて美味しい。好きなソバが地元で生産されているので嬉しい」と笑顔。

 同組合の上野一友組合長は「食育として、種まき、収穫、手打ちそば作りを体験してもらっている。地元でとれるソバに親しんでほしい」と話します。水稲作付け前の休耕田を利用し約6ヘクタールに作付し、今年は1トンのそば粉を収穫。「乙畠ソバ(2500円/200グラム10袋入り)」として300袋用意し、現在販売中です。