1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. メロン糖度のり良い仕上がり
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. メロン糖度のり良い仕上がり

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

メロン糖度のり良い仕上がり

5月下旬頃収穫予定のクインシー
5月下旬頃収穫予定のクインシー

 JA熊本市管内で5月1日、メロンの出荷が最盛期を目前に順調に行われています。平成26年産は、昼夜の温度差により糖度のりが良く、甘くて美味しいメロンができています。

 現在日量は、「クインシー」2000ケース(5キロ/1ケース)、「タカミ」1000ケース、「アンデス」500ケース、「アムス」「レイナ」各300ケースを連日出荷しています。

 鮮やかなオレンジ色が特徴の「クインシー」と、果肉が肉厚でさわやかな甘みのあるネットメロンの「タカミ」は、5月の連休明けから出荷量が増えていきます。

 西南・東部地区メロン部会の白石鶴雄部会長は「大きいサイズの出荷量も増えてきている。温度管理をしっかりと行い収穫作業に備え、美味しいメロンを届けたい」と話します。

 5月から6月下旬の出荷量は「クインシー」772トン、「タカミ」275トンを見込みます。