1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. 1日2回の出荷で新鮮な春キャベツを市場に
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. 1日2回の出荷で新鮮な春キャベツを市場に

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

1日2回の出荷で新鮮な春キャベツを市場に

 春キャベツの出荷本番を目前に、JA熊本市キャベツ部会は3月25日、JA城山支店で出荷査定会を開きました。 

 2014年産は天候に恵まれ生育は順調。現在日量500〜700ケース(10キロ/1ケース)を出荷しています。今年は試験的に荷受時間を午前と午後に分け、1日2回の出荷を行います。新鮮な春キャベツを、いち早く市場に届け有利販売につなげる狙いです。

 査定会には、生産者、荷受市場6社、JA関係者ら約60人が参加。等・階級基準や箱詰めの方法を確認しました。吉岡浩治部会長は「有利販売につなげるため出荷方法を徹底し、統一したキャベツを出荷していこう」と呼び掛けました。

 前日24日は、荷受市場が10件の圃場へ視察に出向き、キャベツの生育状況を確認しました。

 鹿児島、宮アの出荷が終わった端境期に、熊本産キャベツの出荷が増えていくため、一定した出荷量が期待されています。同部会は、主に「春ごろも」「金系201」を生産し、出荷が終わる5月中旬まで全体で1300トンの出荷を見込みます。