1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. 小学生に春日ぼうぶら贈呈・熊本育ちの伝統ひご野菜を学ぶ
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. 小学生に春日ぼうぶら贈呈・熊本育ちの伝統ひご野菜を学ぶ

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、野菜や果物の収穫体験など年9回の開催を予定しています。

小学生に春日ぼうぶら贈呈・熊本育ちの伝統ひご野菜を学ぶ

ひご野菜の栽培を通じて熊本の食文化に触れてもらおうと、JA熊本市は7月10日、熊本市の白山小学校にひご野菜「春日ぼうぶら」の苗を贈呈しました。総合的な学習の一環として5年生の児童約80人が栽培・観察をしていきます。
 贈呈式では、JA熊本市出水地区女性部の北口先子さんと出田宏子さんが「ひご野菜を守っていくためにも、大事に育ててほしいです」と、苗6株を児童に手渡ししました。JA営農指導員が「春日ぼうぶら」の成り立ちやひご野菜15品目の説明を行い、子どもたちの理解を深めました。
 児童らは「毎年5年生が春日ぼうぶらを育てていますが、今年は私たちが育てて観察する年になりました。ひご野菜を守っていくためにも大切に育てていきます」とお礼の言葉を述べました。

 収穫は10月〜11月までの予定で、12月の給食に使い全校生徒で食べる計画です。