1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. あぐりキッズスクール
  1. トップページ
  2. あぐりキッズスクール
  3. 熊本市産のトルコギキョウでフラワーアレンジ
  1. トップページ
  2. あぐりキッズスクール
  3. あぐりキッズスクール
  4. 熊本市産のトルコギキョウでフラワーアレンジ

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

熊本市産のトルコギキョウでフラワーアレンジ

 JA熊本市は2013年度あぐりキッズスクールの閉校式を2月16日本店で行い、第9期のスクール生74人が卒業しました。

 スクール校長の宮本隆幸JA組合長が「1年間の農業体験で、食や農への関心を深めていただいた。今後も、熊本市の農畜産物を食べて大きく生長してほしい」と言葉を贈り記念品を手渡しました。児童代表は「あぐりキッズスクールを通して命の大切さを学び、これからも自然の恵に感謝し、食べ物を残さず食べるようにしたい」と述べました。

 この日は、熊本市特産のトルコギキョウを使ったフラワーアレンジに挑戦。スクール生らは、出来上がった花束を渡す相手や、飾る場所を想像しながら、思い思いに花をいけました。花器は、環境問題に配慮し、土に還る竹チップで作られたものを使用しました。

 「ちゃぐりん」の時間では、鍋の具材を考えて絵を描き、イチゴ(紅ほっぺ、さがほのか、ひのしずく)の食べ比べを行いました。昼食には、牛乳と生クリームでバターを手作りし、パンにつけて味わいました。