1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. 期待の「豊福早生」出発式・JA熊本市柑橘部会
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. 期待の「豊福早生」出発式・JA熊本市柑橘部会

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

期待の「豊福早生」出発式・JA熊本市柑橘部会

参加者全員で見送りました
参加者全員で見送りました

 全国でも有数のミカン産地である熊本市西区河内町のJA熊本市夢未来柑橘選果場では9月29日から、18年産極早生温州ミカン「豊福早生」の出荷が始まっています。10月2日の初売りに合わせ、200トンを出荷しました。

 本年産は、高温・少雨と厳しい気象が続いたが、より効果的なマルチ被覆方法への変更改善など栽培管理の徹底が奏功し、玉肥大と共に糖度10度以上と順調に推移。上村英哉部会長は「糖度のりも順調で、内容・外観ともに例年にない出来。幸運なことに秋雨や台風の影響も少なく、今後も安定出荷を見込む」と太鼓判を押します。

 同日は、「豊福早生」の初出荷に合わせ、本年度産ミカンの安全出荷を祈願しようと、選果場近くの河内稲荷神社で祈願祭を実施。明朝から生産者・市場・行政・JA関係者など約40人が集まりました。祈願祭後の出発式では、JA熊本市の田中博文副組合長が「例年以上の酷暑の中作り上げたミカンを関係各機関と協力しながら有利販売につなげていく」と激励。上村部会長が運送会社のドライバーへミカンが手渡し、参加者が見守る中、「豊福早生」を積んだトラックが出発しました。

 露地温州総合計で出荷量2万5000トン(前年比6%増)、消費地から要望される中晩柑総合計1850トン(同2%減)を計画します。

 極早生ミカンは早生ミカンに切り替わる10月末日まで生果合計で6250トン(同2%増)を見込みます。

 

運転手へ力強く「豊福早生」を手渡した上村部会長(右)
運転手へ力強く「豊福早生」を手渡した上村部会長(右)