1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. 「味噌名人」とともに作った味噌を家庭で味わって
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. 「味噌名人」とともに作った味噌を家庭で味わって

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

「味噌名人」とともに作った味噌を家庭で味わって

 JA熊本市湖東支店女性部味噌クラブは1月31日、熊本市秋津小学校の3年生とともに作った味噌を児童に贈呈しました。味噌は児童らが作った味噌約100キロ。児童らは昨年11月下旬に、JA湖東支店で3日間の味噌作りの過程を1日で見学・体験しました。

 当日は、同クラブの5人の大豆生産者が同小学校を訪れ、児童らに味噌を1キロずつ配布。3年生の児童91人が家に持ち帰りました。「美味しく食べてね」と言って手渡すと、児童らは「ありがとうございます。お味噌汁にして食べます」と応えました。

 JA熊本市湖東支店女性部味噌クラブは、5年前から同小学校で味噌作り体験に取り組んでいます。児童からは「味噌名人」の愛称で親しまれています。児童の中には、姉や兄の味噌作りの話を聞いており、楽しみにしていたと話す児童もいるそうです。

 同クラブ代表の田上美千代さんは「味噌を持ち帰った児童が、家庭で味噌作り体験の話をしてくれているのだと実感している。朝食を食べない児童がいる中、味噌作りが味噌汁を飲むきっかけになれば嬉しい」と話しました。