1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. あぐりキッズスクール
  1. トップページ
  2. あぐりキッズスクール
  3. 第4回 味噌づくりに挑戦
  1. トップページ
  2. あぐりキッズスクール
  3. あぐりキッズスクール
  4. 第4回 味噌づくりに挑戦

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

第4回 味噌づくりに挑戦

 JA熊本市あぐりキッズスクールのスクール生70人が第4回となる9月21日、味噌づくりと野菜の種まき・苗植えに挑戦しました。

 

 スクール生らは同JA 飽田支店で、女性部の指導により味噌づくり(3日間)の3日目の作業を体験。あぐりキッズスクール体験農園(同市南区会富町)約5アールに、青壮年部とともに ミニ人参、ミニ大根、ミニ白菜の種まき、ブロッコリーの苗を植えました。

 

 スクール生らは班ごとにわかれ、女性部が事前に発酵させたこうじに塩を入れてほぐし、蒸した大豆とあめ(大豆の煮汁)を混ぜ合わせました。スクール生は 「味噌の材料に使われるこうじが、どんなものかを知ることが出来た。自分が作った味噌でお味噌汁が食べたい」と笑顔で話しました。機械でミンチ状にして密封保存した味噌約110キロは、2カ月後に完成します。スクール生全員に贈り、各家庭で味わってもらいます。

 

 食育教材「ちゃぐりん」を使った学習では、担任職員がトマトとレンコンを水に入れ、土の中で育つ野菜と土の上で育つ野菜の特徴を説明。昼食は女性部手作りのみそ汁と、県産素材の冷凍米飯で作った炒飯を味わいました。