1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. 小麦「ミナミノカオリ」収獲・新稼働秋津CEで荷受順調
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. 小麦「ミナミノカオリ」収獲・新稼働秋津CEで荷受順調

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

小麦「ミナミノカオリ」収獲・新稼働秋津CEで荷受順調

 熊本市東区秋津地区一帯の麦作付け水田では、2018年産パン・中華麺用小麦「ミナミノカオリ」の収穫作業が順調に行われました。熊本地震の復旧・整備工事の車両が行き交う中、農事組合法人秋津営農組合のオペレーター15人がコンバインで慎重に作業を進めていました。6月7日は120トンを収穫。9日まで収穫が続き、約68ヘクタールで計250トンを収穫しました。

 昨年12月中旬に完成し、6月から稼働を始めた同地区のJA熊本市秋津乾燥調製貯蔵施設(秋津カントリーエレベーター)では2日から、3年ぶりに「ミナミノカオリ」の荷受けを始めました。JA湖東支店管内の農家の出荷負担・所要時間が軽減され、効率的な生産・出荷につなげています。

 JA管内全体の2018年産「ミナミノカオリ」の作付面積は約121ヘクタール。うち約85%の麦が同CEに持ち込まれました。今年産は不安定な天候に影響を受けつつも、品質・収量共に例年並みの仕上がりとなっています。9日で収穫作業を終え、同CEには荷受重量計422トン(計画対比19%増)を受け入れました。

 同組合の中川有朋組合長は「いよいよ稼働を始めたCEを最大限に活用し、高品質化・安定供給につなげたい。昨年度の麦が品質も収量も上出来だったので、今年産も消費者が求める麦の出荷に努めたい」と話します。
順調に収穫された「ミナミノカオリ」
順調に収穫された「ミナミノカオリ」