1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. 梅「南高」出荷始まる・外観・質ともに上出来・芳野梅部会
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. 梅「南高」出荷始まる・外観・質ともに上出来・芳野梅部会

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

梅「南高」出荷始まる・外観・質ともに上出来・芳野梅部会

 熊本市西区芳野地区で6月1日より、梅「南高」の出荷が始まりました。JA熊本市芳野梅部会の中川栄一郎部会長の畑では、ほんのり紅く色付きふっくらとした梅「南高」がたわわに実り、収穫期を迎えています。中川部会長は「傷がつかないように全て手作業で収穫している。外観も質も良い仕上がりだ」と自信をのぞかせます。

 同地区のJA熊本市芳野梅選果場では、週3回の集出荷が行われており、初出荷の同日は2トンの「南高」が出揃いました。18年産は2月の低温の影響を受けて開花が遅れたものの、3月中旬から気温も上がり、好天に恵まれたため、玉太り良好で収量・品質ともに期待できます。

 JA梅部会は24戸が約6ヘクタールで「玉英」「南高」を中心に生産しています。生産者全員が、生産管理マニュアルに沿った安全性の確保に努め、家庭選別の徹底など高品質出荷を徹底しています。中川部会長は「生産者が丹精込めて作った安全・安心な美味しい梅をより多くの消費者に味わってもらいたい」と意気込みます。

 「南高」は6月中旬に出荷のピークを迎え、最大日量4トンまで増加する見込みです。「玉英」は1日に出荷が終わり、出荷量は約6トン(前年比75%増)でした。今年産は総出荷数量25トン、販売高700万円を計画します。
順調に収穫を進める中川部会長
順調に収穫を進める中川部会長