1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. 地域の農地の守り手に・農事組合法人「うめどう」が設立
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. 地域の農地の守り手に・農事組合法人「うめどう」が設立

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

地域の農地の守り手に・農事組合法人「うめどう」が設立

 農地の利用集積、共同作業の取組みによる、生産性向上とコスト削減を目指し、農事組合法人「うめどう」の設立総会が5月10日、熊本市西区の松尾西公民館で開かれました。

 平成23年(2011年)に設立した「梅洞(うめどう)営農組合」が、ほ場整備を契機に経営の法人化を進めようと、平成30年(2018年)4月の同組合総会で法人組織への移行を決議し設立に至りました。

 総会には同組合員ら約50人が出席。定款の制定や事業計画を承認。理事8人、監事1人の役員を選出しました。組合には西松尾町の31人が参加し、WCS25ヘクタール、イタリアンライグラス25ヘクタール、水稲0・4ヘクタールを作付します。「久木野粗飼料生産組合」の栃原牧場との契約で、経営の安定を図っています。

 発起人代表の田中博文理事は「地域の高齢化が進む中、地域を守り農地を守る役割を、農事組合法人『うめどう』が担っていかなければならない」と話しました。
農事組合法人「うめどう」を設立
農事組合法人「うめどう」を設立