1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. 遊休農地を活用して野菜栽培・JA熊本市女性部総会
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. 遊休農地を活用して野菜栽培・JA熊本市女性部総会

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、野菜や果物の収穫体験など年9回の開催を予定しています。

遊休農地を活用して野菜栽培・JA熊本市女性部総会

第27回女性部総会
第27回女性部総会

 JA熊本市女性部は4月17日に開いた第27回女性部通常総会で、「子ども食堂」に提供する野菜を、遊休農地を活用し栽培することで、安定的に野菜提供することを決めました。平成30年度は2回実施し、より継続性のある取り組み内容とするとともに、遊休農地を活用することで農地保全にも寄与する考えです。

 現在、第2回目の贈呈となる5月下旬に向け、南区天明地区の圃場5アールで、営農指導員と協力しながらキャベツとジャガイモを栽培しています。今後は、遊休農地の環境整備や各支部との連携強化に取り組みます。担当職員は「提供できる野菜の品目数を増やしたい。部員とJAが協力し合いながら持続的な活動になることを目指したい」と話します。

 田島イツ子部長は「長期にわたり地域に根ざした活動を続けてきました。今後も「子ども食堂」など新たな取り組みに挑戦しながら輪を広げていきたい」と話します。

 「子ども食堂」は、2016年から始まった、貧困など様々な事情で食事を十分取れなかったり、1人で食事をしたりする子どもや高齢者などを支援する熊本市の福祉支援事業。現在14団体が活動しています。

 総会では、女性部員約120人が出席し、部長に瀬上カチ子さん(75)を新たに選出。女性部活動計画として食農教育の取り組みやJA運営への女性参画推進としてJA理事に女性3人を登用するなどを重点的に取り組むことを承認しました。