1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. イチゴ「ゆうべに」に熱いまなざし・JA熊本市白浜苺部会
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. イチゴ「ゆうべに」に熱いまなざし・JA熊本市白浜苺部会

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

イチゴ「ゆうべに」に熱いまなざし・JA熊本市白浜苺部会

 JA熊本市白浜苺部会が栽培するイチゴ「ゆうべに」に熱いまなざしが注がれています。3月17日、18日の2日間にわたり熊本市が開催する「第4回西区フェスタ」において、部会が生産するイチゴ「ゆうべに」を夢未来ブランド「白浜イチゴ」と称し、KAB熊本朝日放送と連携したスイーツ開発企画に挑みます。安全・安心で高品質なJAのイチゴの認知度向上を図り、一層のブランド確立を狙うものです。。

 KABの番組企画は、生産者こだわりの夢未来ブランド「白浜イチゴ」と伝統文化を重んじる和菓子のコラボで新たなスイーツを開発し、西区フェスタで販売するというもの。

 3月6日は、JA管内の西区河内町白浜地区のイチゴハウスで、KABのテレビ番組「くまパワ」の取材があり、村上雅美さん(48)が部会を代表してイチゴ「ゆうべに」の魅力や栽培のこだわりを語りました。ハウス内は「ゆうべに」特有の芳醇な甘酸っぱい香りが立ち込め、ミツバチが花の蜜を求めて活動していました。3月14日、16日に放送する番組「くまパワ」で16時〜16時50分のうち10分間ほどの商品開発コーナー枠に、3月17日には9時50分〜11時15分の特別番組で出演する予定です。

 村上さんは「河内といえばミカンが有名で、イチゴの栽培もさかんだということの周知が足りていない現状。積極的に情報を発信して、より多くの消費者に白浜イチゴを食べてもらいたい」と今後の需要拡大に期待を寄せます。

 同部会は生産農家17戸が約6.2ヘクタール(うち高設栽培3.2ヘクタール)で生産しています。活発な現地検討会や土壌改良、天敵導入など生産力・品質向上に努め、主力品目「ゆうべに」を中心に出荷量・販売高ともに年々伸びています。2018年産は、出荷数量100万パック(1パック250グラム)(前年比102%)、販売高3億3000万円(同106%)を見込んでいます。
テレビカメラの前で地元タレントや大学生に「ゆうべに」の魅力を説明する村上さん(中央)
テレビカメラの前で地元タレントや大学生に「ゆうべに」の魅力を説明する村上さん(中央)