1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. 「デコポン」リレー出荷開始
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. 「デコポン」リレー出荷開始

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

「デコポン」リレー出荷開始

丁寧に箱詰めした「デコポン」
丁寧に箱詰めした「デコポン」

 全国でも有数のミカン生産地のJA熊本市柑橘部会は、2月8日より「デコポン」の出荷をスタートしました。2月6日は同市西区河内町のJA夢未来柑橘選果場で無加温デコポン約10トンを初選果しました。3月1日から露地、長期貯蔵と続き、6月中旬までリレー出荷します。関東地方を中心に総出荷量1200トンを計画します。

 JAは不知火のうち糖度やクエン酸の基準を満たしているものを「デコポン」として出荷しています。同選果場では、フリートレーに載せたデコポンを1玉ずつ光センサーにかけ、品質基準を満たしたものを作業員が手作業で箱詰めしました。

 田尻和弘中晩柑部長は「今年産は台風の被害も少なく、玉太りや果実内容も上々の出来。市場の期待に応えられるように、安定的な出荷を継続した」と意気込みます。

 同部会では200戸が約80ヘクタールでデコポンを栽培。露地が増える3月〜4月にかけて出荷最盛期を迎えます。JA河内支店の岡本久博支店長は「厳選出荷に努め、昨年以上の販売高を目指したい。生産者が丹精込めたデコポンを味わってほしい」と話します。