1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. 新感覚・みかんのレシピ続々・夢未来みかん料理コンテスト
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. 新感覚・みかんのレシピ続々・夢未来みかん料理コンテスト

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

新感覚・みかんのレシピ続々・夢未来みかん料理コンテスト

 全国でも有数のミカン産地であるJA熊本市柑橘部会は、ミカンの新しい食べ方についてアイデアを競う「夢未来みかん料理コンテスト」を2月3日、同市西区の河内公民館で開きました。ミカンの新たな魅力を発見し、更なる需要拡大を目指すもので、今回で8回目の開催となります。

 コンテストは、温州ミカンを利用したオリジナルのレシピを集め、料理部門と菓子部門の2部門で実施。同部会役員や料理研究家の西村直子氏、フランス菓子トワ・グリュの三鶴眞一シェフらが審査員を務め、一般の主婦や学生、ミカン生産者が出品した料理10点、菓子10点から、ミカンのおいしさを引き立てるような工夫があるかどうかなどが審査しました。

 最優秀者に贈られる夢未来賞に、料理部門は荒木喜久美さんの「河内揚げ」、菓子部門は永井由美さんの「みかんブラウニー」が輝きました。入賞者には、夢未来デコポンやJA商品券を贈呈しました。

 審査した三鶴シェフは、昨年よりも高校生参加者が多かったことを踏まえ、「どの料理もミカンへの愛情が感じられた。産地の過疎化が進んでいるが、コンテストを通して、ミカンの良さ、ふるさとの素晴らしさを深く理解してほしい」と講評しました。同部会の中川晃一部会長は「毎回レベルが高い料理が出揃う。果物需要が伸び悩む現代だからこそ、新しいアイデアで消費拡大を考えることは重要だ」と話します。
たくさんの方に参加していただきました!
たくさんの方に参加していただきました!