1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. キャベツ「彩々丸」 甘く柔らかで高品質
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. キャベツ「彩々丸」 甘く柔らかで高品質

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

キャベツ「彩々丸」 甘く柔らかで高品質

収獲が進む冬の主役「彩々丸」
収獲が進む冬の主役「彩々丸」

 JA熊本市キャベツ部会で、冬季の主要品種「彩々丸」の出荷が始まっています。12月26日現在、日量60ケース(1ケース/8個)を週4回出荷しています。今年産は、秋の長雨による定植の遅れや定植後の低温で例年より3週間から4週間ほど遅い出荷となっていますが、葉の巻きがしっかりとした、甘く柔らかい高品質な仕上がりです。

 熊本市西区城山にある下村光博さん(68)と息子の光孝さん(38)の畑10アールには、9月末に定植し、収穫目前となったみずみずしいキャベツが所狭しと誇っています。下村さんは「防除や肥料配分など栽培管理を徹底し、量質なキャベツができている」と自信をのぞかせます。

 「彩々丸」は低温伸張性に優れたサワー系のキャベツで、春キャベツのように柔らかくみずみずしいのが特徴。同部会では28戸の農家が約7ヘクタールで栽培します。吉岡浩治部会長は「今後来年1月にかけて出荷量が増加し、3月まで2万ケースの出荷を見込んでいる。消費地の需要に応えられるように、日頃の栽培管理を徹底し安定出荷に努める」と話します。