1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. スイカ定植開始 温度管理・天敵活用を徹底
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. スイカ定植開始 温度管理・天敵活用を徹底

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

スイカ定植開始 温度管理・天敵活用を徹底

 JA熊本市北部支店管内で12月18日より、2018年産大玉スイカの定植作業が始まりました。約45日間の育苗期間を経て、管内のビニールハウスでは、生産者が定植作業に追われています。

 同市北区の生産者、小佐井智昭さん(42)は、2ヘクタールのハウスでスイカを栽培しています。12月25日は、1100本の苗を1本1本丁寧に定植しました。今後は、蔓引き、芽摘み、交配作業を経て、4月初旬に収穫期を迎えます。小佐井さんは「曇天、低温が続き少し生育遅れではあるが、例年並みの定植となった。4月上旬に安定した出荷ができるように、温度管理を徹底し大玉生産に努めたい」と話しました。

 18年産は、生産者170人が栽培面積108ヘクタール(前年比1%増)での生産を見込んでいます。出荷は早くて、3月下旬から始まり、4月の下旬〜5月の連休にかけて最盛期を迎え、6月下旬まで総出荷量60万玉を見込みます。営農指導員の上原拓也さん(35)は「これから暖かくなってくると害虫の発生が多くなるので、天敵を活用しながら農薬削減に努めたい」と話します。

丁寧に定植を進めています
丁寧に定植を進めています