1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. 品評会で地域住民と交流を/JA熊本市力合支店農産物品評会
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. 品評会で地域住民と交流を/JA熊本市力合支店農産物品評会

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

品評会で地域住民と交流を/JA熊本市力合支店農産物品評会

熊本市長賞の今坂さん(左)と、JA組合長賞の西田さん(右)
熊本市長賞の今坂さん(左)と、JA組合長賞の西田さん(右)

 JA熊本市力合支店は12月2日、第39回農産物品評会・即売会を同支店で開きました。生産者の技術向上と、組合員・地域住民との交流を図ろうと毎年取り組んでいます。管内の農家33人が、農産物など計95点(22品目)を出品。熊本市長賞に今坂泉さん(64)のネギが、JA熊本市組合長賞に西田泰一さん(38)のホウレンソウが輝いきました。出品した農産物は、地域住民に即売しました。

 審査会場には、他にキャベツや春菊、白菜などの葉物、ダイコンやカブなどの根菜類などが並びました。県・市やJAの指導員が審査。揃いや調整の仕方、病害虫の有無などを基準に行いました。

 支店作物部会や運営委員、女性部などが実施。即売会のほか、米のすくい取りや焼き芋の販売、女性部による餅の販売、ぜんざいの無料配布をしました。