1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. JA熊本市西南東部地区メロン部会総会
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. JA熊本市西南東部地区メロン部会総会

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

JA熊本市西南東部地区メロン部会総会

 JA熊本市西南東部地区メロン部会は8月25日、生産者ら90人が出席して、同JA飽田支店で平成29年度総会と反省会を開きました。29年度の販売実績は瓜類(小玉スイカ含む)合計で、39万4785ケース(前年比93%)を出荷。売上高は11億468万円(同102%)。高品質生産、有利販売に向けて、次年度の取り組みを確認しました。反省会には、主要荷受市場11社も出席し、代表市場3社が市場情勢を報告し、生産者との意見交換を行いました。

 当部会は、主に中級メロンの年間2作栽培を、生産者115人が約50ヘクタールで栽培しています。取り扱うメロンの品種は「クインシー」「アンデス」「タカミ」「シグナス」「アムス」「アールス」「レイナ」。

 白石鶴雄部会長は「不安定な気候や台風の被害を受け、課題も多くあるが、本年もより高品質生産を目指し、部会一丸となって取り組んでいきたい」とあいさつしました。