1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. 全国に先駆け レンコン初出荷
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. 全国に先駆け レンコン初出荷

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

全国に先駆け レンコン初出荷

 熊本市西区沖新町で22日、全国に先駆けて、ハウスレンコンの出荷が始まりました。初日は、「泥つき」122ケース(1ケース/2キロ)、「洗い」60ケースを出荷。本格的な出荷は6月から始まり、出荷最盛期は6月上旬から7月中旬に迎え、8月中旬まで出荷は続きます。2017年産出荷量は220トンを見込んでいます。

 JA熊本市高砂蓮根部会は初出荷に合わせて、出荷査定会を開きました。生産者は、収穫したてのレンコンを参考に、出荷規格と選別について確認しました。同部会は26戸の生産者が、ハウスと露地を合わせて約37ヘクタールで栽培。出荷の際の品質管理・作業簡素化のため、昨年から鮮度保持シートを取り入れています。木村幹男部会長は、「春先の冷え込みや天候不順の影響で、初出荷の時期が遅れたが、今年産はみずみずしい良いレンコンに仕上がっている。」と話しました。

 消費地の需要に合わせて「泥つき」を中京、中国・九州地方に、「洗い」を関東地方に出荷しています。早朝から収穫したレンコンは鮮度を保つため、翌日市場に届くようにトラック便や空輸で輸送し、消費地に新鮮なレンコンを届けています。
収獲したての早生レンコン
収獲したての早生レンコン
出荷規格を確認する生産者と木村部会長
出荷規格を確認する生産者と木村部会長